メインメニュー
共同作業場
プロジェクト
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 校訂規則再提案
kuroko
番頭

ちば 2005-9-19 22:28:55  [返信] [編集]

(以下の投稿は星さんに代わり千葉が行っています)

校訂規則についてお知らせするのが遅くなってしまいましたが,その間,岩尾,千葉,星の三人で議論を続けてまいりました。そしてようやくまとめることができましたので,お伝えします。

まず問題の発端は,校訂テキストをチベット文字から転写ベースに変更するにあたり,従来の武内方式のコンセプトをよく理解していなかったこと,そして理解せぬまま改良を施そうとしたところにあるようなのです。ですからそれを再確認し,従来の方式に戻すのがよいだろうという結論です(詳しくは後述)。

もうひとつ,掲示版では議論がかみ合っていなかったのですが,これは状況を説明する言葉が曖昧だったせいなので,きちんと定義して使い分けたいと思います。

【文字の輪郭は物理的にどうなのか】
 これを「鮮明」「不鮮明」とし,あわせて「状態」とします。

【校訂者はどう読んだのか】
 これを「確定」「自信無」「別読有」とし,あわせて「読み」とします。


※「読み」は現在の表記で,「確定」khad および kha[d],「自信無」kha[d?],「別読有」kha[d|ng],のようにしているものです。
2 [ ] の使い方について
kuroko
番頭

ちば 2005-9-19 22:29:50  [返信] [編集]

校訂者が文字を補った場合 [ ] を使用しますが,これには文字が「不鮮明」であるという曖昧な了解がありました。同様に [ ] を用いた [a?] [a|b] は,その派生形という位置づけです。しかしこの場合,「鮮明」ではあるけれど「確定」できない箇所にもこれらの記号が使用されていたようです。現状ではそうするしかないのですが,「不鮮明」な箇所を正確に表そうという観点からは問題がありました。

最初はこれらをきちんと区別して書き表す方法も考えたのですが,結局「鮮明」でも「不鮮明」でも読めないという点では違いがないということで,どちらも [ ] を使用することにしたいと思います。ただし「鮮明」な場合には何とかして読むという前提を置き,それでもダメならば [ ] を使うということです。

なお繁雑さを避けるため,複数の音節にわたり「不鮮明」な場合は,一括して [ ] をつけられるものとします。しかしそれがあまりに広範囲にわたるとKWICなどで抜き出した際に分かりづらくなることもありますので,キリのいいところで [ ] をつけ直すことはOKです。
例) smon [lam du gsol] ba / / dkon [mchog gsum la ph]yag 'tsal lo / /

ポイント
・ [ ] は文字が「鮮明」であっても使用することができる
・ [ ] は複数の音節をまたいで使用することができる
3 「自信無」について
kuroko
番頭

ちば 2005-9-19 22:30:26  [返信] [編集]

現在の我々の方式では,[kha][d?] のような書き方があります。これは音節全体が「不鮮明」で最後の1文字が「確定」できないことを示すものですが,問題は [ ] が「状態」を表しつつ「読み」の範囲も限定するという,二重の意味で使われていることにあります。例えば母音に自信がない場合,[kh][a?][d] としなければなりません。より正確な記述ではあるものの,このようなルールの下では可読性を犠牲にしても,テキスト全体にわたって同様の精度が求められることになります。

一方従来の方式は自信がない箇所は特定せず,全て [khad?] としてあります。我々はこの曖昧さを解消しようとしてきたのですが,つまるところ [khad?] でも十分じゃないのかという結論になりました。また石川さんの「音節内に読めない文字があるということを示す程度のものにし、どの文字が読めないかについては、フランス国立図書館や大英図書館のイメージを参照というふうすればよいかと思います」という意見ももっともです。

ポイント
・ [ ] には「読み」の範囲を示す機能を持たせない
・ ?は直前の文字列全体にかかり,その有効範囲は最大で音節までとする
  [smon lam? du] の場合は lam にのみかかるという意味

4 「別読有」について
kuroko
番頭

ちば 2005-9-19 22:31:10  [返信] [編集]

我々の方式では,[khas|khad],[kha][s|d],kha[s|d] のように,細かな書き分けが可能です。しかし前の投稿でも説明した通り,そこまでしなくとも十分でしょう。これらはすべて [khas (/khad)] としたいと思います。

ここで kha[s|d] の場合 kha は「鮮明」なんじゃないか,[ ] の中に入れていいのか,という意見があるかもしれません。しかし従来の方式ではそのようにしてあり,これは十分検討した上でのことだと推察できます。というのもそれで必要十分ですし,コンセプトとしては音節のまとまりを大事にしていると感じられるからです。

[a|b] 方式の問題は以前も取り上げ,代替案として a (alt. b) を出しましたが,ここでは従来の a (/b) としています。元々 / を止めたのはシェーの転写と重複していたからですが,これまでも特に問題はないようですし,実際のテキストを見比べても / のほうがシンプルで見やすいと思ったからです。この件についてはご意見をお聞かせください。

なお校訂テキストとしては別読の提示はなるべく避けるようにして,文脈と,校訂者の知識や経験からできるだけ判断するのが望ましいでしょう。

ポイント
・「別読有」の場合は音節の一部に「鮮明」な箇所があっても,一律音節単位で併記する
・どの文字に対する別読みなのかは,明示する必要がない
5 まとめ
kuroko
番頭

ちば 2005-9-19 22:31:44  [返信] [編集]

全体としては記号に柔軟性を持たせ,可読性を大切にしつつ必要十分な情報を残しています。

以下の(1)(4)は音節全体が,残りの4つは最後の1文字が「確定」できない場合です。これには「不鮮明」なため「確定」できないものも,「鮮明」であるけれどもどうしても読めないものも含まれます。また(2)(5)の kha の部分は「確定」しています。

【自信無の場合】
   │現行表記  │提案
 ──┼──────┼─────────
  (1)│[khas?]   │[khas?]
  (2)│[kha][s?]  │[khas?]
  (3)│kha[s?]   │kha[s?]


【別読有の場合】
   │現行表記  │提案
 ──┼──────┼─────────
  (4)│[khas|khad] │[khas (/khad)]
  (5)│[kha][s|d] │[khas (/khad)]
  (6)│kha[s|d]  │[khas (/khad)]

6 その他
kuroko
番頭

ちば 2005-9-19 22:32:29  [返信] [編集]

・行頭の ] と行末の [ はいずれも [...] とする。

これは前後の行を繋げると分かりづらくなるからです。カッコ類は全て開く/閉じるのペアで使われることになります。

・[scr. xxx] のカッコを変更し (scr. xxx) とする

基本的に [ ] は本文中のテキスト,( ) は注釈等という使い分けです。

・音節単位で抜け落ちているものを補うには *xxx とする

これは新規の提案です。例)原文は「nga mo」であるが,「nga pung mo」の間違いであろうという場合「nga *pung mo」とします。
7 Re: 校訂規則再提案
kuroko
番頭

ちば 2005-9-19 23:03:30  [返信] [編集]

以上です。疑問点や意見などがありましたらどうぞ。
8 Re: 校訂規則再提案
ゲスト

石川 2005-9-20 12:55:27  [返信] [編集]

千葉さん、そして星さん、岩尾さん、色々御議論頂き、御報告頂きありがとうございます。
実際にテキストにあたりまして疑問など出ましたらば、逐一提示していきたいと思います。
とりあえず上記を読んだというお知らせまで。
9 Re: 校訂規則再提案
ゲスト

西田アイ 2005-9-21 22:15:27  [返信] [編集]

星先生、千葉様、岩尾様

 ご提案の校訂規則、確認させていただきました。
 とてもすっきりとしていてわかり易くなったように思います。
 私もこの校訂規則で一度テキストを見直してみて、疑問な点があれば再度書き込みをさせていただきます。ありがとうございます。
10 Re: 校訂規則再提案
ゲスト

石川 2005-9-24 20:11:51  [返信] [編集]

疑問・確認を2点

その1
[]が音節中にあると、検索上の障害にならないでしょうか。
例えばkhasを検索すればkha[s]もヒットするでしょうか。
普通の検索でもヒットするようにするにはkha[s]ではなく[khas]にするなどして、音節内に[]が入るのを避けるようにした方がいいと思います。
当然こうしてしまった場合、どの文字が不鮮明か、あるいは鮮明だが確定できないかを示せなくなります。
そこまでして検索に便を計る必要がないということでしたら、それでもよいとは思いますがいかがでしょう。

その2
「?は直前の文字列全体にかかり、その有効範囲は最大で音節までとする」とありますが、としますと音節に満たない文字列全体にはかかれるということになりますが、その例はどんなものでしょうか?
例えば--m?という場合がありうるということでしょうか?
11 Re: 校訂規則再提案
kuroko
番頭

ちば 2005-9-25 10:02:54  [返信] [編集]

石川さんの質問(>>10)に対する答えです。

●その1について

以前星さんが投稿した提案(link)は,この問題を解消するという意味もありました。この方式ではどの文字が確定できなかったのかも,ある程度明示することができます。しかし従来の方式からは少々はズレてしまう点などを再検討し,今回の提案になったわけです。

確かに kha[s] のようにすると通常の検索はできないのですが,OTDOの校訂テキストとしては,ローカルでの使用を最優先しないということです。そのかわりCDにはKWIC等の解析結果を収録します。また, [ ] 等を取ったベタのテキストも収録するということも考えられます。

●その2について

>>5 の表にあげたように,(2) [khas?](現行 [kha][s?])の場合は,実際には自信無の箇所は後置字 s のみだけれど,?は khas 全体にかかるというのがひとつ。音節に満たない文字列というのは,(3) kha[s?](現行 kha[s?])の場合です。

石川さんが例にあげた --m? はよく意味が分からないのですが,m の前に二文字分判読不能箇所があり,m も自信無ということでしょうか。そうであれば - はカッコの中に入りますので,[--m?] となります。

これは?というより [ ] の定義が曖昧だったのですね。通常の [ ] なしの部分は“鮮明かつ確定した場合”に限られます。つまり判読不能も自信無も,常に [ ] の中に入るということです。
12 Re: 校訂規則再提案
ゲスト

石川 2005-9-26 8:53:10  [返信] [編集]

了解。
よく理解できました。
また何かありましたら、書きこみます。
13 Re: 校訂規則再提案
ゲスト

石川 2005-10-1 22:44:20  [返信] [編集]

疑問が1つ浮かびましたので、書きます。
現在の校訂規則表にある挿入位置の間違いを指摘するものですが、ab {opq} cd と間違いを示した場合、正しい位置の指定"opq post mn transp."はどこに記されるべきなのでしょうか?
14 挿入位置の修正
kuroko
番頭

ちば 2005-10-7 8:32:58  [返信] [編集]

> 現在の校訂規則表にある挿入位置の間違いを指摘するものですが、
> ab {opq} cd と間違いを示した場合、正しい位置の指定
> "opq post mn transp."はどこに記されるべきなのでしょうか?


従来 〜 transp. 部分は脚注であり,原則として脚注を使用しないOTDOでは ab {opq} (opq post mn transp.) cd のようにする予定でした。しかしこの規則自体には少々問題があり,星さん岩尾さんとも相談した新しい提案をします。

まず問題点のひとつは,mn の後ろに挿入位置を修正した opq が置かれないこと。これは検索をする際,またそれをKWIC表示する際に,せっかくの校訂が生かされないことになります。つぎに,opq が直後に繰り返され,post(またはante)と transp. は常にセットとなるので,少々冗長であることです。この冗長さは視認性の問題だけでなく,KWIC表示をする際の障害となります。

そこで今回新たに提案した「音節単位で抜け落ちているものを補うには *xxx とする」と組み合わせて,以下のようにするのはどうでしょうか。現行のように「挿入位置の間違い」を明示するものではありませんが,ab opq cd と mn は隣接しているでしょうから,校訂者の意図することは十分伝わると思います。

ab {opq} cd 〜 mn *opq

ただ実際には opq 部分が複数音節だったりするので,もう少し検討は必要かもしれません。
15 Re: 挿入位置の修正
ゲスト

石川 2005-10-7 15:11:20  [返信] [編集]

了解です。
明日の会議でも提示したいと思います。
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.    powered by xoops