メインメニュー
共同作業場
プロジェクト
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

*ちべラボ*

Wikiwiki Tibetan Lab で行っている共同翻訳や各種作業についての掲示板。
雑談などは「喫茶室」のほうでお願いします。


1:修行法会のお知らせ(1)   2:「政教合一体制について」の訳文(1)   3:「ヤワナ文字」に学ぶ格闘技(2)   4:ゲンドゥンチュンペー研究会(4)   5:祝DALAI13プロジェクト(三都プロジェクト)(9)   6:第11回国際チベット学会のサイト(1)   7:Googleの論文検索(1)   8:トゥンドゥプゲ愛好会(1)   9:「ケツンサンポ氏の著作について」(GC_BBS:2004-10-28 )再び(1)   10:ラフル サンクリテャヤナがチベットに行ったのは4回?(5)   11:1ショ(zho)は10カル(skar)(2)   12:「《安多的托鉢僧(更敦群培)》簡介」の論文はいまどこに?(1)   13:アムド方言のカセットテープ(1)   14:「テースル家秘録」翻訳専用スレッド(4)   15:ページの整理(4)   16:年表の怪(3)   17:テースル姉妹編?(2)   18:お知らせ(7)   19:認識ちゅん平会(1)   20:多田式(3)   21:ドンカル? ドカル?(2)   22:掲示板を新設しました(2)  


« 1 2 (3) 4 5 »
1 1ショ(zho)は10カル(skar)
ゲスト

ichhan 2006-2-24 9:38:42  [返信] [編集]

以前の通貨単位のカキコミで問題となっていた「1ショ(zho)=10カル(skar)」の問題は貨幣単位(カルマ)と通貨名(カルガ)の混乱が原因ではないでしょうか。(他の過去のカキコミは'貨幣'で検索してください)

まずダライラマ法王事務所のHPの「貨幣」の項の記述は、次のようになっています(引用書は「チベット単位の蔵(貨幣)」を見てください)。

1 kha 4銀貨  カガン[kha gang]
2 kha 8銀貨  カルマ(skar ma lnga)
3 kha 12銀貨 チェカ(phyed brgyad)
4 kha 16銀貨 ショガン(zho gang)
5 kha 20銀貨 カーチェ(kha chag)
6 kha 24銀貨 タンカ・チィク(tamka)

 注1:( )内のローマ字と1-6 khaはBell(p136)による。
  2:10 カル(skar:分)=1 ショ(sho:銭)、10 ショ=1 サン(srang:両)
  3:phyed brgyadはskar phyed brgyad(カル・半・八)の略(つまり七分5厘)
  4:skar ma:ljid tshad zho'i bcu cha(カルマ:重量単位ショの10分の1)【蔵漢1985:115】 

『西蔵地方貨幣史』(p47)には「1917年、メキィ(me skyid:梅吉)造幣所が成立。ショガン(zho gang:蔵銀一銭)、タンカ(tamka:蔵銀七分五厘)、カルガ(skar lnga:蔵銀五分)、カガン(kha gang:蔵銀二分五厘)の4種の銅貨を鋳造。」とあり、カルガ(カル・五)が蔵銀五分の銅貨であることがわかります。

つまり法王事務所の表や『A Pilgrim's Diary: Tibet, Nepal & India 1944-1956』(未見)では貨幣単位の一分(ショの10分の1)のカル(マ)と通貨名(五カル銅貨)のカル(ガ)の違いが説明不足になっているためではないでしょうか。この本の''zho gang=2カル''という対応の原文は''zho gangは2カル(2枚の五カル銅貨)''という説明になってはいないでしょうか。また上の法王事務所の表にある''8銀貨(にあたいする)カルマ''というのはカルガ(5カル銅貨1枚)をさしているのでしょう。

カルガ(五カル銅貨)に2種があり、大きいものをカルチェン(skar chen)、少し小さいものをカルチュン(skar chung)と呼んだそうです(『西蔵地方貨幣史』(p47))。また『Tibetan Studies in Honour of Hugh Richardson-』(p263のFigs.8)にはコイン(1タンカ=1.5 ショ=15カル)を1/3,1/2,2/3に切り割った図版(それぞれ5,7.5,10カルマ)が見られます。
2 カルマ切手は額面は5カル
ゲスト

ichhan 2006-3-5 3:06:51  [返信] [編集]

「1ショ(zho)=10カル(skar)」の問題を解く記述が「チベットの郵便切手に就て」【青木s44:183】にありました。

「二、カルマ切手(K'arma)は青色にして約五銭強に相当す。」、また「四、ショカン切手(Shok'ang)は紅色にして約十銭に相当す。」とあるので、1 zho=10 skarma」【蔵漢1985:115】からカルマ切手は5カルマに値します。

また河口慧海コレクション(日用品)の青色切手は「TIBET bod gzhung(チベット政府) POSTAGE yig the'u(郵便切手) skar lnga(五カル)」と表示されていて青木氏の観察と一致しています。つまり前に考えたように貨幣単位や切手の名前の「カルマ」(1 skar ma)と通貨単位や切手の額面のカル(マ)(5 skar (ma))があると考えてよいでしょう。
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード


1 「《安多的托鉢僧(更敦群培)》簡介」の論文はいまどこに?
ゲスト

ichhan 2006-2-15 22:26:55  [返信] [編集]

杜永彬著の「二十世紀西藏奇僧」などによれば「Le Mendiant de l'Amdo」(Heather Stoddard, 1985)の中文訳が西蔵人民出版社から出版されているそうなのですが、いろいろ検索しても(目録にも)見つかりません。

ところでこの本と同名の論文「《安多的托鉢僧(更敦群培)》簡介」を杜永彬氏本人が「中国藏学网」のHP(2005-6-29)で発表されていたのですが、今日見たらリンク切れ(「中国藏学网」そのものの消滅?)で見られません。

どなたかHP「《安多的托鉢僧(更敦群培)》簡介」を見られた方はおられますか。またこの論文(書評?)はいまどこでみられるのでしょうか。本とこの論文の関係はどうなんでしょうか。
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード


1 アムド方言のカセットテープ
ゲスト

ichhan 2005-9-21 20:08:06  SITE  MAIL  [返信] [編集]

先日亡命チベット人女性の卒業式に行き、その帰り広島で頑張っているアムドから来ているYさんに会いました。
以前「安多蔵語会話読本」のなかの会話をアムド方言で録音してくれないかと頼んでおいたところ、今夏アムドに帰省したさい果洛の友人が録音してくれたカセット・テープ1本(60分)を持ち帰ってくれました。
テープを聞いてみると「安多蔵語会話読本」(青海省環海地区の発音をもとにしているとのことで共和や湟中方言など?)の発音とは少し違っています。

そのテープにはチベット文字すべての読み方(例のka kha ga nga ・・・・.ka gigu
ki・・・・)と各課の単語、それに巻末の単語約1000余語(ka kha順)を果洛方言(?)が録音してありました。
会話部分の録音がないのが大変残念でしたが、聞いていて面白く(珍しく)感じたのはチベット文字の読み方も方言だったことです。たとえばka gigu kiは私の悪い耳には「カ クグ ク」と聞こえるのです。

私がチベット語を習いたいと思ったころは丸善からチベット語会話のカセットテープ(10巻?)が10万円以上の高額で売られていた時代ですから、こんなに身近にアムド方言が聞けるとは時代を感じます。感謝、感謝です。
カセットテープは今ではダラムサーラsnow publicationなどから安価に買えます。ダラムサーラのテープは「moderen Tibetan Language」がもとですが、その日本語訳『現代チベット語会話 Vol.1』
も出ています。
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード


1 「テースル家秘録」翻訳専用スレッド
hoshi
管理人

hoshi 2005-4-6 12:56:40  [返信] [編集]

テースル家秘録翻訳プロジェクト専用のスレッドです

テースル家秘録の第一章に,ガキどもがからすの卵を食べる場面がありましたが,たまたまからすの卵の写真が掲載されているサイトを見つけました。

からすの卵

それと,太宰の思い出という作品にも,「からすの卵」が出てくるのですね〜。「その燃えるやうな緑の卵や可笑しい斑點のある卵を、私は學校の生徒たちから貰つた」だって。綿にくるんで引き出しの中に大切にしまっておいたらしい。その卵を取ってくるのは子供たちなんですねぇ。

太宰・思い出(青空文庫)
2 からすの卵
dekipema


dekipema 2005-4-7 12:57:19  [返信] [編集]

ちょっと、きもいかも。。。
灰色か、白黒のまだらくらいかなと想像してました。
3 短髪男について教えて下さい
Tomoko


Tomoko Ozawa 2005-7-5 20:21:44  MAIL  [返信] [編集]

分からない所があります。教えて下さい。
[04-07]p.48 mi sbang ga li : 短髪の男
先週末、ちょうどdekipemaさん担当箇所を読んでいたのですが、ここが意味不明で!!どうやって、調べたのですか?どの辞書に記載されているのでしょうか?
4 Re: 短髪男について教えて下さい
hoshi
管理人

hoshi 2005-7-6 0:12:59  [返信] [編集]

バンガリは、散切り頭といったような意味で、語源はベンガルではないかと思われます。ベンガル風の髪型ってことかな。『拉薩口語』にはrbang ka liないしsbang ka liという綴りで載っています。インド由来の借用語とあって、訳はfen tou「左右に分ける髪型」とありますね。要すれば貴族とかが長髪を切って短髪にして前髪を分けたヘアスタイルにするようなことを指して使われるようになった言葉と言っていいのではないでしょうか。1950年以前のことを書いた著作などでは何度か見たことがあります。話し言葉としても聞いたことがあります。

今のラサではまったく使わないのでしょうかね。十年前に私はこの言葉を使っているのを聞いたことありますけど。

ところで、なぜこのけが人が「ベンガルヘア」なのか、その意味は先を読むと分かってきます。
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード


1 ページの整理
kuroko
番頭

kuroko 2005-4-9 12:52:51  [返信] [編集]

とっちらかってしまったページを何とかしようと思います。
「WORDS_MO」に雛形がありますので,ご意見等をお聞かせください。
最終的には既存のページをここから作り直すのがいいかと思います。
リストは「機関」または「官職」だけを表示させることもできそうです。
2 Re: ページの整理
dekipema


dekipema 2005-4-9 20:39:51  [返信] [編集]

やってみました。とりあえず。
具合よくできていると思います。

これを使うことで、今までとどんな違いが出てくるのでしょう?
3 ページ整理が必要なワケ
kuroko
番頭

kuroko 2005-4-9 22:03:55  [返信] [編集]

ページ上部にある「一覧」をクリックすると分かりますが,現在は何のページか分からないものが散らばっている状態です。これらのほとんどは「行政機関・官職のリスト」から派生したもので管理もそこでされているのですが,参照を切ってしまうと迷子のファイルになるし,こことは別なところからページが作られた場合は一元管理できなくなります。

pukiwikiはページ名を / で区切ることによって階層化,つまりグループ化して活用することができます。例として「WORD_MO」の最後に一行だけ追加してみました。

将来何らかの形でまとめる機会があった場合,ある程度書式が揃っていたほうが都合がいいし,これらを一元管理できるようにしておくといいと思います。ただこのように整理をし直すと,現在参照しているリンクも修正しなければならないので覚悟はいるんですよね。。。
4 Re: ページ整理が必要なワケ
hoshi
管理人

hoshi 2005-4-11 10:28:01  [返信] [編集]

これはすごくいいですよね。
単語集を作ったりするのにも使えそう。

取り急ぎ必要なのは,行政機関のところだと思いますが,トップのタイトルが長過ぎるので,略称を考える必要がありますね。何か良いアイディアありませんか?
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード


« 1 2 (3) 4 5 »
BluesBB ©Sting_Band
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.    powered by xoops