[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 DL13/伝記/10章/kha 114a1-6 〜


Top > DL13 > 伝記 > 10章 > kha 114a1-6

114a.1-6
ラサの中国軍の隊長聯・鍾二人が文書を出したのが着いて、(それには)中国チベットの和平条約と(それに関して)投降に生命の救済を求めるによってダライラマの代理を早急に与えて欲しいという(事が)書かれていた。(格言に)言われるのに、「自身が守ることと為すことをそれぞれ思う心によって、力弱くして涙が耐え切れない悲しみの声によって、王に真実のことを申し上げる、捨てることは心によってどのようにも(どのような事も)耐えられるか(いや耐えられない)。」とあって(又)「衆生の喜び以外に、仏の喜びの他の方法はない。」とあったように偉大なる自身(ダライラマ)などの慈悲心が動かされることになって野蛮な人(中国人)たちの(和平を)望む心が途中で消耗させないのである事によって(させないために)、今日この仇敵によって本当のように差し上げられた句でそれも(信じるのは)本当に難しいけれども、(その)如く真実ならば自他2方のたくさんの有情の生命の救済になるから意味はとても大きいと想いなさってから中国チベットの争いの対治の平和条約をなすことに大臣チャンチムパと、セラ学堂のツァワ・チワドゥルク、ツェドゥン・テンジンギェルツェンなどに内輪の話を細かく学ばせてつなげて派遣させた。

(担当:vag)


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.