[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 DL13/編集ルール 〜

Top > DL13 > 編集ルール

DALAI13プロジェクト共通  

・訳文などの最後に担当の名前を入れる。
例)(担当:浅井)または(担当:dekipema)

・訳不明か所は,原文を拡張ワイリー方式で転写したものを【 】でくくり記載しておく。
例:【sba dar】

・テキスト判読不明か所は,[-]を入れる(単語数,音節数に関係なく)。

・テキストにない語を訳文で補った場合は,[](半角小カッコ)に入れる。

・半角カナは使用しない。

・出典の書き方
例)【TADA1965:6】(略称とページ)。出典についてはこちら→References

13世伝翻訳  

・1つの日付,または1つのトピックに対して訳文1ページで,それぞれページ名をつける。各ページでは終字辞ごとに1段落とし,見出しをつける。

・ページ名と見出しのつけ方
ページ名の例)kha 239a4-246a2
段落見出しの例)239a4~242a3

kha: The Collected works of Dalai Lama XIII v.7。v.6の場合はka
239: テキスト自体に記されたフォリオ番号
a : aがフォリオ表,bが裏
2 : 2行目

・1段落があまりに長い場合は,読みやすいよう適宜改行してよいことにする。

メモ  

  • 見出しは日付を活用した方がいいかもしれない(例えばカンギュル開版の記事の場合,作業開始とされている日付)。または内容に基づく見出し。その方がわかりやすいけど,「○○謁見」みたいな見出しがいくつも並ぶ可能性もあり,細かくルールを決める必要がありそう。
  • 見出しは,テキスト自体に記されたフォリオ番号を採用することに決定。日付がない場合(「吉日」等と記されている)があるので。日付,テキストの各葉左上にふられた3桁の番号(これを「整理番号」と呼ぶことにする),記事の内容については,別に対応表を作る。dekipema,2006-12-22 (金) 21:35:36

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.