[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 GC_著作目録 〜

ゲンドゥンチュンペー著作目録 

分類法は【Mengele:85-113】他を参考にしました。

サンスクリットやパーリ語からの翻訳 

  • [rgyal po ra ma Na'i rtogs brjod]
    • 《ラーマーヤナ》
    • ラクラ・リンポチェがGCに言われて書写したものがあったが,それらは失われてしまった【Tethong:227-228】
    • 抄訳【杜2000】
  • [dpal legs ldan nag po'i glu]
    • 《バガヴァッドギーター》
    • 第2〜4章が天馬版GC著作集pp.292-316に掲載
    • 第12章がホルカン版GC著作集(III) pp.415-421に掲載
    • ラーマクリシュナ・ヴェーダンタ協会から二言語対照の形で出版されている【Tehong:227】
  • [bya len ma'i rtogs brjod]
    • 《シャクンタラー》
    • ホルカン版GC著作集(III) pp.423-488
    • 1949年蔵暦9月22日,チャムド駐在のホルカン・ソナムペンバーによって『シャクンタラー』チベット語訳が木版出版される。
  • [chos kyi tshigs su bcad pa]
    • 《ダンマパダ》
    • 他の名称:mdo rda rma pa da
    • 四川版GC著作集 pp.251-340
      • 1946年にシッキムで出版された初版が原本
    • ホルカン版GC著作集(III) pp.191-270
      • 1946年にシッキムで出版された初版にGC本人が手を加えてラサで出版された木版本(からの書写本?)が原本
    • スリランカ滞在中にダンマナンダの教えを受けながらパーリ語から翻訳した【Horkhang】
    • ホルカンによるGC伝の英語版(1989年)には,ヒンディー語から翻訳と書かれているがおそらくこれは誤りで,パーリ語からの翻訳である。GCがラクラ・リンポチェにこのように語っている。「私がこれ(=ダンマパダ)をパーリ語から訳そうと考えた理由は,上座部派の仏教徒が頑固な保守派で,釈尊の教えを他とは比べものにならないほど尊んでいるに違いないと思ったからだ。だから数多くの学問に優れた比丘に師事したのだ」と述べている【Tethong:229】)
    • 一度インドから出版された後,GC本人によって校正され,ラクラリンポチェの兄がお金を出して木版出版された。初刷りはカプシューバに届けられたという。【Tethong:109】
    • チベット語からの英訳が出版されています

言語学や文字に関する著作 

  • [lha sa dang ra sa]  [la dang ra]
    • 《lha saとra sa,laとra》
    • yul phyogs so so'i gsar 'gyur me long, June 9, 1937
  • [dbu can las dbu med rang byung du grub pa]
    • 《ウメーはウチェンから自然に生まれたものである》
    • yul phyogs so so'i gsar 'gyur me long, January 2, 1938
    • 日本語訳:GC_script
  • [yul gyi ming dang mtshams brje tshul]
    • 《地名と国境の変遷》
    • yul phyogs so so'i gsar 'gyur me long, December 22 & January 21, 1938
    • 未見
  • [ca cha sogs bod yig 'phri bsnan skor]
    • 《caやchaなどチベット文字の増減について》
    • ホルカン版GC著作集(I) pp.261-271他に掲載
  • [legs sbyar bang mdzod]
    • 《サンスクリットの蔵》
    • ホルカン版GC著作集(III) pp.353-356他に掲載

詩 

  • [bla brang la bskur ba'i ka rtsom]
    • 《》
  • [a mchod kyi lo rgyus ka rtsom]
    • 《》
  • [phal skad gsong por brjod pa'i ka rtsom]
    • 《》
  • [btson nas hor khang la gnang ba'i mgur]
    • 《》
  • [mi rtag pa dran pa'i gsung mgur]
    • 《》
  • ['du 'bral snying po med par rtogs pa'i glu]
    • 《》
  • [rgyal khams bskor ba'i snang tshul]
    • 《》
  • [sgrol ma'i bstod pa]
    • 《》
  • [snying po'i lha chos byed par gdams pa]
    • 《》

仏教哲学や教義に関する著作 

  • [dbu ma'i zab gnad snying por dril ba'i legs bshad klu sgrub dgongs rgyan]
    • 《龍樹の思想の飾り》
    • ダワサンボの筆録(GCの講義録のようなもの)
      • 第十六ラプチュン辛卯年12月吉日(西暦1952年2月?)脱稿(奥書より)
      • 「生前先生に講義録をお見せしたところ,必ず一冊にまとめるべしとのお言葉をいただいたが,果たせずにいたところ,ドゥンジョム・リンポチェから紙をいただくなどお力添えをいただいて書き上げた」(奥書)
    • ホルカン版GC著作集(II) pp.271-376
    • 天馬版GC著作集

旅行記,巡礼ガイド 

  • [rgyal khams rig pas bskor ba'i gtam rgyud gser gyi thang ma]
    • 《世界知識行 黄金の平原》
    • ホルカン版GC著作集(I) pp.3-426, (II) pp.3-188
    • The Dalai Lama Tibeto-Indological series vol.7, 1986 Link
  • [rgya gar gyi gnas chen khag la bgrod pa'i lam yig]
    • 《インド聖地巡礼ガイド》《インド聖地案内》
    • Toni Huberによる対訳本 "THE GUIDE TO INDIA A Tibetan Account" LTWA, 2000他 Link
    • Huberはこれまでに出版された全ての版の目録を作成している。【Huber:123-126】

歴史 

  • [dge 'dun chos 'phel gyis bsdu rub gnang ba tun hong yig cha]
    • 《ゲンドゥンチュンペーが整理した敦煌文書》
    • ホルカン版GC著作集(III) pp.121-204他に掲載
  • [rgya'i lo rgyus las byung ba'i bod kyi rgyal rabs skor]
    • 《中国の歴史書に現れるチベットの王統について》
    • ホルカン版GC著作集(III) pp.1-120他に掲載
  • [bod chen po'i srid lugs dang 'brel ba'i rgyal rabs deb theg dkar po]
    • 《大チベットの政治制度とそれに関わる王統記 白史》
    • ホルカン版GC著作集(III) pp.205-300他に掲載(最近民族出版社から一冊本が出た)
    • Samten Norbooによる英訳
    • TBRCに掲載のデータ(を年号順に整理)
      • deb ther dkar po (darjeeling: freedom press, 1964)
      • the white annals = deb-ther dkar-po (dharamsala: library of tibetan works & archives, 1978)
      • deb ther dkar po (leh: t.s. tashigang, 1979)
      • bod chen po'i srid lugs dang 'brel ba'i rgyal rabs deb theg dkar po (dharamsala: tibetan cultural printing press, 1988)
      • deb ther dkar po (zi ling: mtsho sngon mi rigs dpe skrun khang, 1998)
      • deb ther dkar po, mi rigs dpe skrun khang, 2002
  • [deb dkar du 'khod pa dang ma 'khod pa'i tshigs su bcad pa dang lo tshigs re 'ga'i gnad don] [dogs dpyod dpyad gzhi]
    • 《》
    • ホルカン版GC著作集(III) pp.301-309他掲載
  • [bod kyi rgyal rabs gal chen]
    • 《チベットの重要な王統記》
    • yul phyogs so so'i gsar 'gyur me long, July 17, 1939
    • 日本語訳:GC_history
  • [rgya bod gnyis kyi dbar mna' bskyal tshul]
    • 《》
    • yul phyogs so so'i gsar 'gyur me long, July 3?, August?, September? 1943
    • 未見

英語論文 

  • Kumbum, the Mystic City
    • The Mahabodhi Journal Vo.47 No.8, pp.355-358, 1939
  • Lhasa, the Capital of the Land of Snow
    • The Mahabodhi Journal Vo.48 No.4, pp.115-119, 1940
    • ラサの町や風俗,人々についての紹介記事。
    • 「外の世界の人々にチベットのことをもっと知ってもらいたいと思って書いた」
  • My Journey from Khumbum to Lhasa
    • The Mahabodhi Journal Vo.48 No.7, pp.241-243, 1940
  • An Ill-starred Dalai Lama
    • The Mahabodhi Journal Vo.48 No.10, pp.370-374, 1940
    • この号は日本にない?東洋文庫にあるか?
    • おそらくダライラマ6世に関する記事
  • Two Famous Bengali Pandits in Tibet
    • The Mahabodhi Journal Vo.49 No.1, pp.31-32, 1941

英語詩 

(The Mahabodhi Journal Vo.49 No.8は入手できない?。東洋文庫にあるか?いずれも未見)

  • Manassarowar
    • The Mahabodhi Journal Vo.49 No.8, pp.293-294, 1941
  • Oh Where
    • The Mahabodhi Journal Vo.49 No.8, pp.294, 1941
  • Repkong
    • The Mahabodhi Journal Vo.49 No.8, pp.294-295, 1941
  • Melareppa's Reply
    • The Mahabodhi Journal Vo.49 No.8, pp.295, 1941

手紙 

  • ゲンドゥンチュンペーがタルチンに宛てた手紙
    • yul phyogs so so'i gsar 'gyur me long, January 1, 1951
    • 本文&日本語訳:GC_letter

その他 

  • [ri bo hi ma la ya'i bstan bcos bya ba bzhugs so]
    • 《ヒマラヤ雪獅子考》
    • ホルカン版GC著作集(II) pp.377-385
    • 四川版GC著作集 pp.341-350
  • ['dod pa'i bstan bcos]
    • 《愛欲の書》
    • dharamsala: bod gzhung shes rig par khang, 1983+他
    • 英訳:Tibetan Arts of Love
    • 日本語訳:三浦順子訳『チベット愛の書』
    • 中国語訳:『欲経』
    • 奥書には「寅の年の冬の第二番目の月にマガダのマトゥラー(中略)にて脱稿」とある。
  • ['jig rten ril mo 'am zlum po]?
    • 《地球は丸いのかそれとも平らなのか?(lit. 球形か円形か)》
    • yul phyogs so so'i gsar 'gyur me long, June 28, 1938
    • 未見
    • 天馬本のGC著作集に同じタイトルのものが含まれているが,同内容かどうか未同定。

共著 

(GCの名前は表に出ていないが共著と分かっているもの)

  • [deb ther sngon po]
    • 《青冊史》
    • George N. Roerich, trans. 1988 "The Blue Annals", 'gos lo ts'a ba gzhon nu dpal

未出版の著作リスト 

準備中
LTWAに保管されているもの,ダライラマ14世の個人蔵書のもの,所在の分からないものなど



ゲンドゥンチュンペー著作集リスト 

四川版 

  • mkhas dbang dge 'dun chos 'phel gyi gsung rtsom phyogs sgrig, 1988, si khron mi rigs dpe skrun khang
  1. ラチュン・シェーラプギャツォによるGC伝(mkhas dbang dge 'dun chos 'phel gyi rnam thar mdor bsdus bzhugs so)
  2. 白史(bod chen po'i srid lugs dnag 'brel ba'i rgyal rabs deb ther dkar po zhes bya ba bzhugs so)
  3. 龍樹の思想の飾り(dbu ma'i zab gnad snying por dril ba'i legs bshad klu sgrub dgongs rgyan zhes bya ba bzhugs so)
  4. ダンマパダ('phags pa gnas brtan pa rnams kyi mdo sde'i sde snod bsdus pa las phran tshegs kyi mdo phran gnyis pa chos kyi tshigs su bcad pa zhes bya ba bzhugs so)
  5. ヒマラヤ雪獅子考(ri bo hi ma la'i bstan bcos zhes bya ba bzhugs so)
  6. インド聖地巡礼案内(rgya gar gnas chen khag la bgrod pa'i lam yig bzhugs so)
  7. 詩数編(snyan rtsom thor bu'i skor tshangs sras rgyud mang zhes bya ba bzhugs so)
  8. 著作・翻訳作品リスト(mkhas dbang dge 'dun chos 'phel gyis bsgyur ba dang brtsams pa'i tho yig)

ホルカン版 

  • dge 'dun chos 'phel gyi gsung rtsom (I)-(III), 1990, bod ljongs bod yig dpe rnying dpe skrun khang

◆第一巻

  1. 世界知識行 黄金の平原(前編)(rygal khams rig pas bskor ba'i gtam rgyud gser gyi thang ma)

◆第二巻

  1. 世界知識行 黄金の平原(後編)
  2. ダンマパダ('phags pa gnas brtan pa rnams kyi mdo sde'i sde snod bsdus pa las phran tshegs kyi mdo phran gnyis pa chos kyi tshigs su bcad pa zhes bya ba bzhugs so)
  3. 龍樹の思想の飾り(dbu ma'i zab gnad snying por dril ba'i legs bshad klu sgrub dgongs rgyan zhes bya ba bzhugs so)
  4. ヒマラヤ雪獅子考(ri bo hi ma la'i bstan bcos bya ba bzhugs so)
  5. ゲンドゥンチュンペーの詩作品(dge 'dun chos 'phel gyi snan rtsom thor bu)
  6. バガヴァッドギーター第12章(dpal nag po'i glu las le'u bcu gnyis pa dad pa'i rnal 'byor zhes bya ba bzhugs so)
  7. シャクンタラー(bya len ma mngon par shes pa'i zlos gar)

◆第三巻

  1. 中国の歴史書に現れるチベットの王統について(rgya'i lo rgyus las byung ba'i bod kyi rgyal rabs skor)
  2. ゲンドゥンチュンペーが整理した敦煌文書(dge 'dun chos 'phel gyis bsdu rub gnang ba tun hong yig cha)
  3. 白史(bod chen po'i srid lugs dang 'brel ba'i rgyal rabs deb ther dkar po zhes bya ba bzhugs so)
  4. (deb dkar du 'khod pa dang ma 'khod pa'i tshigs su bcad pa dang/ lo tshigs re 'ga'i gnad don dogs dpyod dpyad gzhi)
  5. インド聖地巡礼案内(rgya gar gyi gnas chen khag la bgrod pa'i lam yig bzhugs so)
  6. サンスクリットの蔵(legs sbyar bang mdzod)
  7. ゲンドゥンチュンペーの翻訳作品および著作全作品目録(dge 'dun chos 'phel gyis bsgyur ba dang brtsams pa dngos su bzhugs yod med yongs kyi tho yig)

天馬版 

  • mkhas dbang dge 'dun chos 'phel gyi gsar rnyed gsung rtsom, 2002, rdo rje rgyal et al., 天馬, hongkong.
  1. 世界地理概説('dzam gling rgyas bshad)
  2. インドの仏教聖地解説(rgya gar 'phags pa'i yul nang pa'i mchod rten dnag gnas mchog byin can rnams kyi bshad pa)
  3. 龍樹の思想の飾り(dbu ma klu sgrub dgongs rgyan)
  4. phra ba'i rnam dpyod kyi sgo ston pa'i phyir du blo chung la bzhad gad tsam slong ba
  5. 獄中からホルカンに宛てた手紙1(btson nas hor khang la gnang ba'i phyag bris cha tshang)
  6. 獄中からホルカンに宛てた手紙2(btson nas btsan po khri gtsug lde btsan gyi mgur tshig skad gsar bcad du bcos pa)
  7. バブー・タルチンに捧げた折句(bha bu mthar phyin la gnang ba'i ka bshad)
  8. 地球は丸いか平たいか('jig rten ril mo'am zlum po)
  9. マニ教の歴史(ston pa ma ni bya ba'i lo rgyus)
  10. バガヴァッドギーター(dpal legs ldan nag po'i glu):第2〜4章
  11. 詩作について(snyan rtsom gyi skor)+詩2篇
  • この本の巻頭に掲載されている白ターラー菩薩のタンカは,ゲンドゥンチュンペーの作品として紹介されているが,実はラクラ・リンポチェの作品だそうである。ラクラ・リンポチェがホルカン・チャンバテンダー氏にそのように伝えている。
  • 私の持っている本では,目次に掲載されているp.334以下にあるはずの「著作リスト」が含まれていない。落丁???

キルティ版 

  • dge 'dun chos 'phel gyi rab byed zhabs btags ma / gsung rtsom phyogs bsgrigs (I)- (II), 2003, Kirti Jepa Datsang, India


GCの著作の各国語訳 

和訳 

  • 『チベット愛の書』 ゲンドゥン チュンペル著 三浦順子訳 春秋社 1998
    • Tibetan arts of love の和訳。ただし『愛欲の書』本文は原典訳!

英訳 

  • Gedun Chopel, 1983, The Evolution of U'med from U'chen script, translated by K.Dhondup. in 'The Tibet Journal', 3-1.
    • Tibet Mirrorに掲載された記事とその英訳(chimeによる不完全和訳はGC_script
  • dGe-'dun Chos-'phel, 1985, Dhammapada, translated into Tibetan from the Pali by dGe-'dun Chos-'phel, Translated into English from the Tibetan by Dharma Publishing Staff, Dharma Publishing.
  • Tibetan arts of love / Gedun Chopel; translated by Jeffrey Hopkins with Dorje Yuthok, 1992.
  • Toni Huber eds. 2000, The Guide to India: A Tibetan Account by Amdo Gendun Chophel, Dharamsala: The Library of Tibetan Works and Archives.

中文訳 

  • 更敦文集精要, 1996, 格桑曲批訳, 周李文校, 中国蔵学出版社,*副題:蔵族一代学術大師.

     本書内容(中文のまま。蔵文は「前言」より)

    • 目録〔p1〕
    • 出版説明〔p1〕
    • 前言(p1-5)
    • 作者生平簡介(p6-8)
    • 《智游列国漫記》(rgyal khams rig pas bskor ba'i bstan bcos gser gyi thang ma)
      • 自拉薩啓程(節訳)(p1-12)
      • 印度北部的雪山及有関問題的弁析(p13-19)
      • 関於男女飲食及器物(節訳)(p20-42)
      • 各地的古今文字(p43-68)
      • 関於蔵文的結構(p69-83)
      • 笈多王朝世系(節訳)(p84-89)
    • 《論喜馬拉雅山》(p90-94)(ri bo hi ma la ya'i bstan bcos)
    • 《印度諸聖地旅游紀実》(p95-124)(rgya gar gnas chen khag la bgrod pa'i lam yig)
    • 《白史》(p125-192)(deb ther dkar po)
    • 訳後記(p193-194)
  • 中観精要, 2003, 白玛旺杰译,民族出版社
    • ナムカイノルブによる前言,中文訳,蔵文原文,著者小伝
    • 『龍樹の思想の飾り』の翻訳および原文
  • 欲経
  • 白史

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.