[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 GC_関係書目 〜

GC >> GC_関係書目

ゲンドゥンチュンペーに関連する書誌データを集めるページです。追加、修正お願いします!!
(これをリストしはじめてから,充実した書誌のリストが欧米や中国の研究者の手でいくつも作られていることが分かりましたが,このスペースも自分たちの勉強のために少しずつ拡充させていくことにします。)

ゲンドゥンチュンペーに関する論文,記事  

発表された順に整理しています。 入手して読むことができたものについてはぼちぼち説明書きを付けていきたいと思います。 ここに挙げたもの以外にもたくさんの論文,記事があります。

蔵文(伝記類)  

1970年代  

  • thub bstan rgya mtsho, dge 'dun chos 'phel gyi rnam thar til tsam
    • thub bstan rgya mtshoがyon tan rgya mtshoに宛てた私的な手紙で公刊されていない資料。H. Stoddard1985, H. Karmay1979などによる情報。
    • 未見
  • ri kha blo bzang bstan 'dzin, 1972, mdo smad kyi mkhas pa dge 'dun chos 'phel, in "rgyun mkho’i chos srid shes bya gnas bsdus", Varanasi, legs bshad gter mdzod khang, pp.173-187.
    • GCを直接知らない著者がインドでインタビューを集めてまとめた略伝。
    • 未見
  • bla chung a pho shes rab rgya mtsho, 1973, no title, in Biographical Dictionary of Tibet and Tibetan Buddhism, ed. Lama Khetsun Zangpo, Delhi, pp.634-657.
    • rgan po shes rab rgya mtsho, 1988+, mkhas dbang dge 'dun chos 'phel gyi rnam thar mdor bsdus bzhugs so, in "mkhas dbang dge 'dun chos 'phel gyi gsung rtsom phyogs sgrig"(中文書名:『根敦群培文選』(背表紙書名は『更敦群培文選』)。四川民族出版社), pp.3-29.(1973年のものと同じと考えられる。最後の部分に1972年3月,ケツンサンボ師の依頼を受けて書いた,とある。)
    • Irmgard Mengeleによる翻訳(英文)がLTWAから出ている。

1980年代  

  • bkras mthong thub bstan chos dar (= rak ra rin po che), 1980, dge 'dun chos 'phel gyi lo rgyus, LTWA, 264pp.
    • GCの弟子による最も長いチベット語の伝記。GCの幼少の頃の話から,修業時代についてもGCが著者に語ったという思い出話がたくさん記録されていて,読み応えがある。インドからラサに戻ってきたGCが逮捕される前後の経緯は非常にリアルに描かれており,著者の師を思う気持ちがひしひしと伝わってくる。
  • Kirti Rinpoche, 1983, mdo smad pa dge 'dun chos 'phel gyi skor ngag rgyun lo rgyus phyogs bsdoms, dge 'dun chos 'phel gyi rab byed (Dharamsala, 1983), 341pp.
    • キルティ・リンポチェがGCを直接知る人々に行ったインタビューの記録。
    • インフォーマント
      • a mdo rdzong ngu nag rdo
      • ka ji lhun 'grub rdo rje
      • dge slong rig 'dzin dbang po
      • bkras mthong thub bstan chos dar
      • snang rtse shag gi mi dpon bkra shis dpal ra ba
      • snang ra dge 'dun bzod pa
      • ngag dbang don 'drub
      • a mdo co ne mched pa a lags 'jam dpal
  • 加納さんからコピーを送って頂きました
  • hor khang bsod nams dpal 'bar, 1983, mkhas mchog dge 'dun chos 'phel gyi rtogs pa brjod pa dag pa'i snang ba zhes bya ba, Bod-ljongs Zhib-'jug, 1983.2, pp.3-32.
    • GCの弟子でありパトロンであったホルカン・ソナムペンバーによるGCの伝記。
    • 現在認識ちゅん平会で読んでいるテキスト。日本語訳はGC_horkhang
  • li yi'u dbyi, 1984, bod rigs kyi lo rgyus mkhas can dge 'dun chos 'phel gyi lo rgyus mdor bsdus, Bod-ljongs Zhib-'jug, 1984.4, pp.19-38.
    • GCと交流のあった李有義によるもの。原文は中国語。
  • hor khang bsod nams dpal 'bar, 1986, mkhas pa'i dbang po dge 'dun chos 'phel rgya gar du byon skabs kyi gnas tshul rags tsam brjod pa, in "sbrang char", 1986.4, pp.79-83.
    • インドへ赴いたGCについて,ホルカンが記したもの。

1990年代  

  • hor khang bsod nams dpal 'bar, 1990+, mdzad pa po'i lo rgyus mdor bsdus, in "dGe-'dun Chos-'phel gyi gSung-rtsom Deb Dang-po"(中文書名:『格敦群培著作 第一集』。西蔵蔵文古籍出版社), pp.1-4.
  • chab spel tshe brtan phun tshogs dang nor brang o rgyan, 1991, nye dus kyi mkhas pa'i ded dpon dge 'dun chos 'phel gyi lo rgyus mdor bsdus, in "bod kyi lo rgyus rags rim g-yu yi phreng ba smad cha"(西藏簡明通史下冊,西蔵蔵文古籍出版社), pp.754-785.
    • 西藏簡明通史全三巻の下巻の中に,20世紀チベットの偉大な学者として取り上げられている。
    • ホルカンによるGC伝をもとに,ラチュン・シェーラプギャツォやラクラ・リンポチェによる伝記も参照しながらまとめたもの。ホルカン版と付き合わせながら読むと参考になる。
    • 出典がきちんと明記してあるので安心して読める。
  • nor brang o rgyan, 1995, bod kyi grags can rtsom pa po ngo sprod: dge 'dun chos 'phel, in "bod kyi rtsom rig sgyu rtsal" 3, pp.75-77.
  • rdo rje rgyal, 1997, 'dzam gling rig pa'i dpa' bo rdo brag dge 'dun chos 'phel gyi byung ba brjod pa bden gtam rna ba'i bcud len, lan kru'u: kan su'u mi rigs dpe skrun khang (中文書名:『更登群培』。甘粛民族出版社)
    • GCの親戚にインタビューして得られた情報などが盛り込まれており,アムド時代の話がかなり詳しい。
    • GCが母ら家族に宛てた手紙なども掲載されている。
    • 三浦さんから拝借して今読んでいるところ
  • tshe ring dbang rgyal, lcang zhabs pa 'gyur med tshe dbang, 1999.1(1版。2000.6 1次印刷), mkhas dbang dge 'dun chos 'phel skor la dpyad pa tshangs pa'i drang thig,中文書名:『更敦群培評伝』。四川民族出版社,129pp.
    • ホルカン版,テントン版,(たしかシェーラプギャツォ版も)など,既刊の伝記の適当な箇所を貼り合わせて作られたコラージュ本。取り扱い注意。

蔵文(論文類)  

  • zam gdong pa blo bzang bstan 'dzin, 1986, Introduction cum Review, in 'gtam rgyud gser gyi thang ma of dge 'dun chos 'phel', Sarnarth, Central Institute of Higher Tibetan Studies, pp.1-27.
  • khang dkar tshul khrims skal bzang, 1992, dge bshes shes rabs dang dge 'dun chos 'phel, in 'Tibetan Studies. Proceedings of the 6th Seminar of the International Association for Tibetan Studies, Fagernes 1992', Per Kvaerne eds. Oslo: The Institute for Comparative Research in Human Culture, pp.430-440.
  • dung dkar blo bzang 'phrin las, 2004(初版1997年以前,年次不明*1), mkhas dbang dge 'dun chos 'phel gyi dran gso khang 'dzugs rgyu'i skor gyi gros 'go, in: "mkhas dbang dung dkar blo bzang 'phrin las kyi gsung 'bum, gleng gzhi dang gsung bshad("『雑文』「东噶・洛桑赤列文集」(民族出版社) , vol. nya.", Peking: mi rigs dpe skrun khang, pp.71-73.
  • dung dkar blo bzang 'phrin las, 2004(初版1997年以前,年次不明), dge 'dun chos 'phel gyi gsung rtsom skor, ibid, pp.155-157.
  • a sngags tshe ring bkra shis, dge 'dun chos 'phel, 2006, 四川出版集団・四川民族出版社.
  • hor gtsang 'jigs med, drang bden gyis bslus pa'i slong mo ba.(出版社,出版年の記載ないが,Dharamsala:Youtse Publication, 1999.らしい。2006年夏,ラサの書店で入手)

蔵文(辞典類)  

  • 1992,dge 'dun chos 'phel, in "gangs can mkhas grub rim byon ming mdzod"『雪域歴代名人辞典』, ko zhul grags pa 'byung gnas + rgyal ba blo bzang mkhas grub eds., 甘粛民族出版社, pp.318-320
  • 1993, mkhas dbang dge 'dun chos 'phel, in "gangs ljongs lo rgyus thog gi mi sna"『雪域歴史人物簡介』, don rdor + bstan 'dzin chos grags eds., 西蔵人民出版社, pp.1014-1017
  • dung dkar blo bzang 'phrin las, 2002, dge 'dun chos 'phel, in "dun dkar tshig mdzod chen mo"『东噶藏学大辞典』, 中国藏学出版社, pp.604-606

蔵文(その他の記述)  

  • bsam 'grub pho brang bstan 'dzin don grub, mi tshe'i rba rlabs 'khrugs po, 1987, India.
    • サムドゥプポタン・テンジントゥンドゥプの自伝
    • GCを師と仰ぐサムドゥプポタン・テンジントゥンドゥプが綴ったGCとの関係など
    • サムドゥプポタン家の別荘に絵を描いた話の詳細
    • GCの顔写真
  • lha 'dzoms sgrol dkar, sku bcar thub bstan kun 'phel gyi skor, CHMO(3), pp.141-172.
    • クンペーラの妻が書いたクンペーラの伝記
    • インドで知り合ったGCがチベットに帰国する際の状況
      • クンペーラやパンダツァンらが国境地図作製のためにGCを巡礼乞食の格好で入蔵させた。GCは国境の状況についてチベット政府宛に匿名の手紙を出したが,政府内の親英派がその手紙の主をGCだと分かって英国政府にこれを伝えると,英国はGCにスパイをつけて監視した。【CHMO(03):154-155】

欧文  

1930年代  

  • Rahul Sankrityayan, 1937, Second Serch of Sanskrit Palm-Leaf Mss. in Tibetl., in "Journal of the Bihar and Orissa Research Society" 23 (1), pp.1-57.

1970年代  

  • Samten Norboo, 1977, Life and Works of Gedun Chophel., in "Tibetan Review" 12 (6), pp.12-13, p.16
    • 『白史』を英訳した著者によるGCの略伝といくつかの著作に関する解説,『ダンマパダ』,『バガヴァッドギーター』,『インド聖地案内』の初版年および出版社に関する情報なども。Rikha Lobsang TenzinのGC伝を参照したとある。
  • K. Dhondup, 1978, Gedun Chophel: the Man Behind the Legend, in 'Tibetan Review', 12 (10), pp.10-18.
    • GCの略伝と著作リスト。
  • H.E.Richardson, 1978a, Review Article: Gedun Chophel's "Unfinished" The White Annals (Deb-ther dKar-po), in 'Tibetan Review', 12 (10), pp.19-22.
  • Dejin Zangmo (= Heahter Stoddard), 1978, More on Gedun Choephel, in 'Tibetan Review', 13 (12), pp.21-24.
    • 博士論文執筆中の筆者がDhondup1978とRichardson1978aに対して寄せた批評と筆者自身のインタビューに基づく新しい知見など。
  • H.E.Richardson, 1978b, No British Hand in Gedun Choephel's Arrest. in "Tibetan Review" 13 (12), p.24.
    • K. Dhondup1978の記事に寄せた反論。インド政府はGCを含むグループがダージリン地区をチベット政府を転覆させるための拠点として使うのを止めさせたかっただけで(イギリスおよびインド政府とチベット政府は良い関係を保っていたから),GCはどこへ行くのも自由であったし,チベット人たちがGCを逮捕するかどうかについてインド政府は重要なものとはみなしていなかった。GCの逮捕は完全にチベット政府独自に行ったものである,といった内容。
  • Heather Karmay (= Heather Stoddard), 1980, dge-'dun chos-'phel, the Artist, in 'Tibetan Studies in honor of Hugh Richardson. Proceedings of the International Seminar on Tibetan Studiesm, Oxford 1979'. Michael Aris and Aung San Suu Kyi eds., Warminster: Aris & Philips. pp.145-149*2
    • GCの生涯を芸術家としての視点から描いたもの。GCがラーフル・サンクリッティヤーヤンに伴ってチベット調査旅行をした際にスケッチした画集(当時同行したKanwal Khrishnaが所有している)の中から著者がカメラにおさめたものが二枚掲載されている。略伝も示されており,インドで交流のあった人々についても簡単に触れられている。

1980年代  

  • Ngawangthondup Narkyid, 1982, In Defence of Amdo Gendun Chomphel's Theory of the Origin of the Tibetan Script, in 'The Tibet Journal', 7-2. pp.23-34.
    • GCがTibet Mirrorに発表したチベット文字の起源に関する論考(GC_script)をサポートする議論
  • Heather Karmay (= Heather Stoddard), 1984, Le Mendiant de l'Amdo. Gedun Chompel. 1905-1951. Doctorate thesis presented in January 1984 at the University of Paris , Nanterre.
    • Stoddardの博士論文。GCの著作やGCに関する文献を可能な限り収集し,GCを直接知っている30人以上の人々にインタビューをして書き上げたもの。1985年に公刊。
  • Heather Karmay (= Heather Stoddard), 1985, dGe-'dun Chos-'phel : The Two Latest Versions of his Life Story by Kirti Rinpoche and Hor-khang bSod-nams dPel-'bar, in 'The Tibet Journal' Volume X No.1.
    • キルティ・リンポチェによるGC伝とホルカンによるGC伝それぞれに関する内容と評価。「論文を書き上げてしまってから知って慌てた」らしい。
  • Heather Stoddard, 1985, Le Mendiant de l'Amdo. Recherches sur la Haute Asie 9. Paris: Societe d'Ethnographie.
    • Stoddardの長年にわたるGC研究の成果が公刊されたもの。杜が中国語訳を1999年に出版しているらしい。2004年には英語で増補版が出るという話。
  • Per Kvaerne, 1987, [Review of Le Mendian de l'Amdo] The Beggar from Amdo. in "The Tibet Journal" 12 (3), pp.68-74
  • Kanwal Krishna, 1988, My Days with Gedhun Chophel. in "Tibet House Bulletin 3 (1): 1, 4-6.
    • 1938年に行われたラーフルとGCらによるチベット調査旅行に加わった画家Kanwal KrishnaによるGCの思い出。GCのことを「とても大事な人。これまでに出会ったことのない素晴らしい人。偉大な学者。友人であり先生」と記している。サキャ寺で手品を披露した話なども。
  • hor khang bsod nams dpal 'bar, 1989, The Tibetan Scholor dge-vdun chos-vphel, in "Tibet Studies", 1989.1, pp.156-167.
    • チベット語版の伝記の抄訳。
  • Melvyn C. Goldstein, 1989, The Tibet Improvement Party, in 'A History of Modern Tibet 1913-1951', pp.449-463.
  • D. Seyford Ruegg, 1989, A Tibetan's Odyssey: A Review Article, in 'Journal of the Royal Asiatic Society (2)', pp.304-311.
    • H. Stoddardの"Le Mendiant de l'Amdo"の書評。

1990年代  

  • Jeffrey Hopkins, 1992, Gedun Chopel: Provocative Iconoclast, in 'Tibetan Arts of love', Gedun Chopel, translated by Jeffrey Hopkins with Dorje Yuthok, Snow Lion Publication.
  • Donald Lopez, 1994, dGe 'dun chos 'phel's Klu sgrub dgongs rgyan: a preliminary study, in 'Tibetan Studies. Proceedings of the 6th Seminar of the International Association for Tibetan Studies, Fagernes 1992', vol. 1, (Ed.) P. Kvaerne, Oslo, The Institute for Comparative Research in Human Culture, pp.491-500.
  • Donald Lopez, 1995, Madhyamika Meets Modernity: The Life and Works of Gedun Chopel, in 'Tricycle', Spring, pp.42-51.
  • B.Bogin&H.Decleer, 1997, Who was "this evil friend"("the dog","the fool","the tyrant") in Gedun Chophel's Sad Song?, in 'The Tibet Journal', 22-3, pp.67-78.
    • GCがカルカッタで詠んだ長い悲歌にある「この邪悪な友」とは誰か?この問いに対し,歌に込められたメッセージと時代背景を読み解きながら,Stoddardの説(邪悪な友=ラーフル)を覆す論を展開し,それはレーリッヒのことを指すものであると結論づけている。悲歌の前半部分の英訳も掲載。
  • She-rab-rgya-mtsho, 1999, dGe-'dun Chos-'phel, Biography of the 20th Century Tibetan Scholar, Irmgard Mengele, tr., LTWA, 153p.
    • GCの弟子,シェーラプギャツォによって書かれたチベット語の伝記の校訂と翻訳,および書誌

2000年以降  

  • Toni Huber, 2003, [Review Aarticle] mkhas dbang dGe 'dun chos 'phel gyi gsar rnyed gsung rtsom by rDo rje rgyal, The Tibet Journal, Winter 2003 Vol. XXVIII no. 4, p. 95.

中文(伝記,論文)  

  • 杜永彬, 1999, 更敦群培与"西蔵革命党, 『西蔵研究』, 1999年第2期, pp.38-43.
  • 杜永彬, 2000, 『二十世紀西蔵奇僧』, 中国蔵学出版社.
    • 著者自身による内容抄録(リンク切れのため、内容紹介はこちら。また「根敦群培学術和思想的当代価値」(中文)はこちら
    • 執筆にあたってはGCの故郷やラサを訪ね,GCの親戚や関係者にインタビューを重ね,これまでの文献になかった新しい事実も記述。
    • ヤマ・タシキル寺やディツァ寺の写真なども掲載されている。
  • 郭克範, 2000, 「根敦群培・知識分子」, 『西蔵研究』2000年第3期, pp.1−8.
  • 郭克範, 2002, 「根敦群培雑談」, 『西蔵研究』2002年第1期, pp.50−58.

中文(人名事典,辞典)  

  • 「根敦群培」, 『歴代蔵族名人伝』, 曾国慶・郭衛平編, 西蔵人民出版社, 1996.
  • 趙宗福, 2002, 「根敦瓊培」,『青海歴史人物伝』, 青海人民出版社.
  • 王堯、陳慶英(主編), 1998, 「根敦群培」,『西蔵歴史文化辞典』, 青海人民出版社,p102-3.

和文  

  • 矢田 修真, 1986,「レプン寺の学僧ゲドン・チュペについて」,『印度学仏教学研究』69(35-1), pp. 62-64(L) Link
  • 木村肥佐生『チベット偽装の十年』 (スコット・ベリー編 三浦順子訳), 中央公論社 1994
    • ゲンドゥンチュンペーについて触れられている箇所および会ったときの様子について述べられている箇所 pp.291-292, pp.297-300
  • 加納和雄, 2003, 「ラーフラ・サンクリトヤーヤナ撮影写本における四点の未比定テクスト」, 平成十五年度密教研究会学術大会(於高野山大学)[口頭発表]
    • 発表前半では、1934/1936/1938年の調査の旅程と行路についてサンクリトヤーヤンの記録と『世界知識行』一章の情報をもとに考察し、後半では、従来未比定あるいは比定されながら研究が不十分だった梵文写本四点について報告した。

*1 2004年初版。それ以前の出版がなされたかは不明。dung dkar blo bzang 'phrin las kyi gsung rtsom phygs bsgrigs(「东噶・洛桑赤列選集」:中国蔵学出版社 1997 632p)がでているので、こちらに初出された?
*2 この'Tibetan Studies in ~'はリプリント版(印刷は英国)がニューデリ(Vikas Publishing House,1980,pp348)からでています。

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.