[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 bka' shag 〜

[bka' shag]

名称  

  1. チベット語
    1. spyi khyab bka' shag las khungs 【CHMO(13):16】
    2. spyi khyab las khungs bka' shag【CHMO(13):16】
    3. spyi khyab bka' shag 【DGER(1):155】
    4. bka' blon shag lhan rgyas【PETECH:9】 ←閣僚会議を指す?【YAMAGUCHI87:217】
    5. bka' shag
  2. 発音
    1. チキャプ・カシャー・レーグン
    2. チキャプ・レーグン・カシャー
    3. チキャプ・カシャー
    4. カルンシャー・ヘンゲー
    5. カシャー
  3. 日本語訳
    • 内閣
    • カロン閣議【劉:146】
  4. 英訳
    • Council of Ministers【PETECH:9】
    • State Council【GOL:143】
    • Cabinet【BELL1946】
  5. 中国語訳

歴史  

  • 1751年に初めて設置。【DGER(1):155】【CHMO(13):16】
  • 1751年,ダライラマ7世ケサンギャツォが政権を執り,その際に清の乾隆帝にお伺いを立てた上で内閣を新設した。4名の大臣(bka' blon)を任命した。【DGER(1):155】【CHMO(13):16】
  • 設立の日には,ダライラマが内閣を訪れ,祈願をした上,srid zhi bde skyidという内閣印をチベット全土に権限を及ぼしてよいとの表彰を行った。【DGER(1):155】
  • 設立の日には,ダライラマが内閣を訪れ,祈願をした上,srid zhi bde skyidという内閣印を押印する権限を行使してよいとの表彰を行った。【CHMO(13):16】
  • 最初に任命された4名の大臣【DGER(1):155】
    • rdo ring no yon paNDi ta mgon po dngos grub rab brtan
    • mdo mkhar zhabs drung tshe ring dbang rgyal
    • thon pa sri chod tshe brtan
    • rtse mgron dar han nyi ma rgyal po
  • 1959年3月,国務院の命令により解散。【ZOUKAN:78】

所掌業務  

  • 内閣の職権は下記の通り【DGER(1):155-156】
    • ダライラマおよび摂政の指揮のもと,民事および軍事の全機関の業務の指揮決定を行う。
    • 各地のゾンと荘園から政府に入る金銀や穀物,バターの収入簿,および政府,貴族,寺院の土地・家屋・人員所有権の契約書(sa khang mi gsum bdag thob kyi 'byed khra)など綱領(rtsa 'dzin)となる?重要な文書全てに内閣印を押す。
    • 各機関が必要とする穀物や銀などの類も内閣を通じて申請し,内閣印が押印された証書に基づいてそれらを取得する。
    • 大きな業務,または中程度の業務の計画を立て,ダライラマに許可申請をする。
    • 各地のゾンや荘園から来る公的または私的な問題についての陳情に対し,指導(lan 'doms)を行う。
    • 私的な争いごとを訴えてきた者に対し判事(zhib gcod)を任命し,判決が出たら,判決書などに許諾および内閣印を押印する。
    • その他,国境や軍事などの重要事項,および高位の僧官・俗官を任命するなどの場合には,ラサ駐在のアンバンに諮った上,ダライラマの指示を受けるとともに,皇帝にお伺いを立ててお許しを得なければならない。
    • 国境や軍事などの重要事項が生じた場合はダライラマ側近(spyi khyab mkhan po)と宗務局長官,財務局長官の合議で決める。結論が出ない場合にはチベット国民会議に諮り,そこで出た案にダライラマの許可を得て決定する。
  • 三首相とともに中央及び地方の文武諸官を統率し、ダライ法王のむねを承けて政治を行う組織。職務上特殊の部署がある訳ではない。三首相より下位であるが、執務上必ずしも主従的関係を有せず、往々二個の独立幹部の存するがごとき観を呈し、二部合同して直接法王の裁可を待つ場合がある【青木S44:159】
  • 人民を管理する政治的なもの【劉:146】
  • 【GOL:14-15】による
    • 依頼、電報などあらゆる情報を受け取り、しかるべき部署にふりわける
    • 俗事に関することをダライラマ(摂政)に伝える。ダライラマ(摂政)と直接接触できる唯一の俗的機関
    • 政府の公式な命令書に押印する
    • 各種調査、新たな政策を先導する
    • 俗官の任免に関する提案書をダライラマ(摂政)に提出する
    • 政府支出、土地所有権の移動など、ダライラマ(摂政)の決済が必要なもの以外を決定する
    • 内閣の印は政府の公式な印として機能
    • 下から上がってきた依頼、嘆願、提案をダライラマ(摂政)に奏上せず、止めてしまうことも可能
    • 政府の記録、布告類を保管
    • 僧官、宗務、寺院に対する権限は持たない
  • チャムド総督を指揮【GOL:283】
  • 重要事項を首相に報告【BELL1946:143】議会の決定事項を受け、意見を付けて首相に提出【BELL1946:146】各地方官の権限を越える訴訟を引き受け、首相に上訴する【BELL1946:157】

構成メンバーと人数および業務  

大臣(bka' blon 

  • 4名(三品の俗官3名,僧官1名)
  • 僧官大臣はbka' blon bla ma主席大臣

内閣主席書記官(bka' drung)  

  • 正式名称はbka' shag drung yig【PETECH:235】
  • 2名【DGER(1):157】,【CHMO(13):18】,【ZOUKAN:78】
  • 官房・書記官室(mgron drung khang)にて内閣書記官2名と内閣官房官3名で業務を行う。【CHMO(13):18】
  • 六品の上級書記官(bka' drung che ba)2名,七品の下級書記官(bka' drung chung ba)3名【PETECH:10】←上級書記官がここで言う主席書記官に当たるのかな
  • 大臣の指揮下で,内閣の業務にかかる文書の作成,草案の作成などを行い,また,内閣印の押印管理を行う。【DGER(1):157】=【CHMO(13):18】(=は,DGER(1)の記述とCHMO(13)の文章はほぼ同じとという意味。以下同様)

内閣官房官(bka' mgron)  

  • 3名(六品)【PETECH:10】
  • 3名【CHMO(13):18】
  • 4名【ZOUKAN:78】
  • 下級役人からの陳情や報告などの取り次ぎなど,一般に役人たちとの連絡業務。【PETECH:10】
  • 渉外官【YAMAGUCHI87:217】
  • 内閣官房官の業務は下記の通り【DGER(1):157】=【CHMO(13):18】
    • 下級役人(las tshan pa)が地方出張する際の出発礼(thon phyag)と到着礼('byor phyag)の申請および官房日誌(mgron deb)に事前通告(gnangs brda)を発するための帳簿を記す業務。
    • ゾンや荘園の駐在員となる下級役人の到着および出発の際に大臣の命令にしたがって内閣官房(bka' shag 'gag)において業務の指示伝達を行う。
    • 内閣宛の文書ないし口頭による届出を内閣官房で取り上げ,聴取した上(blangs nyan gyis),大臣に通知する。
    • 大臣の日々の業務を官房日誌に記帳する。
    • 内閣からダライラマに文書で伝達を行う際に,目録を作成の上,ポタラ宮官房(rtse 'gag)の官房長官(mgron che)に届ける。

内閣護衛官(bka' shag 'gag pa)  

  • 七品の俗官3名。各大臣を護衛。【PETECH:235】
  • 3名【ZOUKAN:78】
  • 大臣一人につき一人ずつ護衛官がつく。業務内容は下記の通り。【DGER(1):157】
    • 大臣が自宅から内閣まで護衛・送迎
    • 大臣・宗務長官合同会議(lhan rgyas)開催のとき,内閣官房に常駐し規律を統制
    • 大臣がお茶を飲むとき,内閣付きの料理長(bka' shag mar chen)がモンゴル帽に帯刀帯碗(rgya gri phor shubs)で銀製のポットでお茶を注ぐのを護衛官が大臣のお碗で受けて置く
    • 大臣がトイレに行くとき帽子をかぶせてトイレまで案内する
  • 大臣一人につき一人ずつ護衛官がつく。業務内容は下記の通り。【CHMO(13):18-19】
    • 大臣の送迎時の護衛
    • 内閣官房で規律を統制
    • 内閣付きの料理長がお茶を注ぐとき大臣のお碗でお茶を受ける

内閣書記官(bka' shag shod pa)   

  • bka' shod, bka' shag shod drung【PETECH:235】
  • 七品の書記官数名が担当する。【PETECH:10】
  • 書記業務に携わる部局の構成員で,主として聖職者関連の業務に携わる。2名の俗官。通行証(lam yig)に関する業務や同様の文書に関しても請け負う。そのうち一人は僧官大臣の一種の私設秘書として割り当てられる。【PETECH:235】
  • 七品の俗官で下級書記官(drung yig chung ba)3名からなる。業務内容は下記の通り。【CHMO(13):19】
    • rta khal lam yig thong 'dzin sgyur rgyu/
    • dgyes ston khag gi sder gzhung sder yig chibs rags gral tho/ mchod 'bul lag deb sgyur rgyu/
    • rdzong gzhigs 'pho len gyi sprod rgya lm yig khag bka' shag brgyud rtse shod du snyan zhur gtong rgyu/
    • 内閣の代表として,細々とした,例えば,テントの出し入れ,ウシャン寺('u shang lha khang)への供養および霜除けと雨乞い(sad srung char 'beb)(ラサ近郊の)などの巡回視察
    • その他,執務手帳(ga'u li)に書かれた業務の遂行

エバ書記官(e pa drung yig)  

  • 略称はe drung【ZOUKAN:3141】
  • ロカのエ出身のドゥツァ字体を書く書記官【ZOUKAN:3141】

※bka' shag shod paのうちの一人か?

大臣代行(bka' tshab)  

  • 大臣が不在の際に代わりにその役を務める上級役人【PETECH:235】

臨時大臣(bka' blon las 'phar)  

  • 例外的に三品に昇進した高名な上級役人で内閣の定数外の位置を占める臨時職の大臣【PETECH:235】

◆その他の記述  

  • 三名は俗人、一名は僧侶。会議制をとり、チベット王がその主席。一等秘書四名、二等秘書一名、秘書室書記四名、副官四名、画師一名、護照管理書記四名、製食官一名、ネパール籍秘書二名、漢籍秘書二名。いずれも五等級。通訳四名、近侍四名、伝令四名。この三者は等級なし。内閣の秘書は秘書処の秘書より三等級高いが、政権が教権より低いので、双方の秘書の勢力はほぼ同等【劉:147-148】 ←各役職、上のどの項に入れたらいいでしょう?

設置場所  

  • 内閣の事務所はラサのツグラーカンの南門の階上部分に置かれた【DGER(1):155】

その他  

  • 1933年のダライラマ13世の死以降、それまで13世の寵臣に移っていた権限を、内閣が摂政レティンとスィールンのランドゥンによる執政下で取り戻した【GOL:189】
  • 1940年代、全案件のうちダライラマ(摂政)に上げず、内閣が決定したものは約7割。摂政執政時は割合が増加【GOL:15】
  • 官印は小ぶりの四角形のもので、黒(赤は内閣より高位の者が使用)。"Officialdom,Yellow and Grey"と呼ばれた【BELL1946:142】
  • 執務室中央にツォンカパ像、その横にダライラマの玉座があった【BELL1946:143】

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.