[starLab] [starLab] [aa]
 

[チベット史年表/1816-1837] の変更点


 #navi(チベット史年表)
 *&size(18){&color(Silver){(14) }; ダライラマ10世代}; [#o39958bd]
 
 |&contents2_1(depth=2);|
 #contents2_1(depth=0)
 
 **1817 [#ka34052f]
 +チベット
 --アンバン、ダライラマ10世選定のため金瓶制籤法導入を主張。ラサ市民、抗議。アンバンは、内閣らが非公式にひとりを認定すると、残り2人の候補者の両親を煽って決定に不服を申し立てさせた。世論の力で内閣認定の少年が承認されることになるが、制籤法が無視されなかったように見せかけるべきだと摂政に指示【シャカッパ:215】
 +周辺
 +メモ
 
 **1820 [#cda4f916]
 +チベット
 --ジャムペル・ツルティム・ツェモンリン(Jampel Tsultrim Tsemonling)摂政となる【ダライラマ1989:411】
 +周辺
 +メモ
 
 **1822 [#y8467a08]
 +チベット
 --摂政、ダライラマ認定。制籤法によったと公表【シャカッパ:216】
 --第10世ダライラマ、ツルティム・ギャツォ(Tsultrim Gyatso 1816-37)即位【ダライラマ1989:411】
 +周辺
 --チョーマ・ドーケーレス、ムーアクロフトとともにレーに至る【山口1988:xiv】
 --《ラダック》チョーマ・ドーケーレス、ムーアクロフトとともにレーに至る【山口1988:xiv】
 +メモ
 
 **1826 [#e6eb80c5]
 +チベット
 --シュレーター「チベット語辞典」出版【山口1988:xiv】
 +周辺
 --《》シュレーター「チベット語辞典」出版【山口1988:xiv】
 +メモ
 
 **1832 [#hea9df85]
 +チベット
 --摂政、ココノールのモンゴル人が近くのダナク・カースムの部族を襲撃、略奪したため、派兵。モンゴル部族は降参し、ダライラマの前で服従を誓わされた【シャカッパ:216】
 +周辺
 +メモ
 
 **1833 [#u1ef80d8]
 +チベット
 +周辺
 --ベンガル総督,インド総督に格上げされる【佐藤1998:284】
 --《インド》ベンガル総督,インド総督に格上げされる【佐藤1998:284】
 +メモ
 
 **1834 [#h5e681f9]
 +チベット
 +周辺
 --ラダック王家、ジャンムーのドグラ・ラージャとの国境紛争によりチベットに亡命。カシミールのゾラワル・シン軍、ドグラ軍に援軍。ラダックの大臣は降伏し、条約締結。ラダック側の不履行により、6年後にカシミール軍再度ラダックへ【シャカッパ:217】
 --《ラダック》ラダック王家、ジャンムーのドグラ・ラージャとの国境紛争によりチベットに亡命。カシミールのゾラワル・シン軍、ドグラ軍に援軍。ラダックの大臣は降伏し、条約締結。ラダック側の不履行により、6年後にカシミール軍再度ラダックへ【シャカッパ:217】
 +メモ
 
 **1837 [#x7559375]
 +チベット
 --第十世ダライラマ死す、21歳【ダライラマ1989:411】
 +周辺
 +メモ

リロード   新規 編集 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.