[starLab] [starLab] [aa]
 

[来訪帳] の変更点


 このページは閉め切りました。
 
 //はじめていらした方,ときどき見に来てくださっている方,このサイトの感想などぜひ一言おねがいします!
 #br
 //#article
 
 **うめ 字体のフォントを探しています [#h49ff39f]
 >[[mtv]] (2006-01-22 (日) 21:57:56)~
 ~
 知人達が、インドに亡命したチベットの子供たちのチベット語学習の~
 ための絵本作成をボランティアしています。~
 困ってるのは、チベット語のカリグラフがきれいに書けないこと。~
 googleで調べた限では u-chan字体しかみつかりません。~
 御存知ないでしょうか。~
 
 //
 -現状では(少なくともノウハウなしで使える)ウメのフォント&環境はないと思います。なお使用者である子供たちのことを考えても,学習書の仕様等に関しては現地と相談するのがよいのではないでしょうか。 -- [[kuroko]] &new{2006-01-23 (月) 01:30:26};
 
 &color(gray){# 再度質問等が続くようでしたら,こちら([[link>http://star.aa.tufs.ac.jp/modules/bluesbb/viewtopic.php?topic=3]])でお願いします。 -- kuroko};
 
 
 **はじめまして [#q7332c58]
 >[[トム]] (2005-10-16 (日) 01:44:56)~
 ~
 初めて拝見いたしました。最近になってチベットに興味を持ち、インターネットを中心に情報を集めているところで、このサイトを発見しました。仏教だけではなく、近・現代史においてもチベットは日本と少なからぬ関係があります。ここ10年でようやく、これまで閉ざされていた感のある中央アジアの情報も伝えられるようになってきて、日本は初めてシナ文化のフィルターを通さずに直接にチベット、ウイグル、モンゴルなどの民族・文化を知ることができるようになったのではないかと思います。仏典の研究ではサンスクリット語やパーリ語など盛んですが、とくにチベット語はチベット人・チベット仏教とともに生きた言語で、とても魅力があります。まだ何も知らないまったくの素人ですが、いろいろ新しく知りたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。~
 
 //
 
 
 **牧童の如く [#n45e78ee]
 >[[インド]] (2005-08-28 (日) 11:04:41)~
 ~
 牧童の如くからやって参りました。インドのチベット村には何度か行ったことがあるのでゴールデンテンプルのことを検索していたら、偶々、牧童の如くに出会ったのです。仏教がインドからチベット経由(?)中国、、、日本に伝播したことに興味を持っています。今からチベット語やサンスクリットを学ぶ元気はありませんが、ネットサーフでまた寄らせていただきます。よろしく、お願いいたします。~
 
 //
 
 
 **いいかんじ [#o4728765]
 >[[ring]] (2005-06-28 (火) 14:50:15)~
 ~
 チベット語の詳しい内容のことはわかりませんが、ご人格が伝わってくるようなきれいなHPです。HPでは内容とご本人そのものがいやおうなく伝わるものだと思うのですが、そのような意味で、内容とかかわれなくてもきもちのいいHPはすてきですね!~
 
 //
 
 
 **はじめまして [#s0d8ed47]
 >[[セキ]] (2005-03-15 (火) 12:25:37)~
 ~
 古いホームページのころから時々、拝見しておりました。~
 妻が、手紙などにTIBETN WRITRER2000を使わせていただいておりました。~
 妻は、インド生まれのチベット人です。~
 東京在住ですので、何かの機会があれば、またお話を伺いたいと思っております。~
 これからもご活躍期待しております。~
 
 //
 -セキさん,こんにちは。メッセージありがとうございます。Tibetan Writer 2000をお手紙に使ってくださっていた方がいらっしゃったとは,もう大感激です。そんなふうに使ってもらえたらなあと思いつつも,その後特に改良など手を加えたりしなかったことが今更ながら悔やまれます。東京にお住まいとのこと,こちらこそお話を伺う機会でもあればと思います。このサイトも執筆者一同で良いものにしていきたいと思いますので,ぜひ応援よろしくお願いします。 -- [[chime]] &new{2005-03-16 (水) 10:59:48};
 
 **はじめまして [#u160b309]
 >[[けいすけ]] (2004-11-25 (木) 14:14:46)~
 ~
 福岡の西南学院大学というとこで王考廉先生の下中国のことをいろいろ学びがんばってるゼミ生ですが、チベットのことを調べる際にとても詳しくのっていたので参考にさせていただきました。ありがとうございます。~
 
 //
 -けいすけさん,はじめまして。資料参照のために私たちのサイトを使っていただいたとのこと,お役に立てれば嬉しいです。データはまだまだ不十分ですが,これからもっと充実させていこうと思いますので,今後ともどうぞよろしくお願いします。 -- [[chime]] &new{2004-11-26 (金) 08:59:34};
 
 
 **お世話になりました。 [#r2cc6107]
 >[[井内]] (2004-11-08 (月) 16:47:31)~
 ~
 初めて書き込みさせて頂きます。~
 まずは、学会お疲れさまでした。~
 それから、金曜日はいろいろと準備をして下さってありがとうございました。楽しかったです。みなさんによろしくお伝え下さい。~
 
 //
 -井内さん,ご来訪ありがとうございます。金曜はラサ以来久しぶりに会えて嬉しかったです。忙しいと思うけれど,またちべラボにも遊びに来てくださいね〜。ところでラサで帽子をかぶらなかった私の髪の毛,すっかりちりちりになってしまいました。やっぱり日焼けでしょうかねえ。 -- [[chime]] &new{2004-11-08 (月) 19:14:38};
 
 
 **お久しぶりです [#s01c088b]
 >[[さの]] (2004-10-07 (木) 10:03:42)~
 ~
 星先生おひさしぶりです。以前、旧校舎の方でやっていた初級チベット語講習に参加させていただいた、佐野智美です。(わかるかしら?)~
 チベ系プログを辿ってココに辿りつきました。~
 あれから、不勉強でチベット語の上達はしていませんが、GWにラサを再訪した際、前より少しだけ会話が理解出来る様になっていて嬉しかったです。~
 来年には仕事をやめて念願のチベット三昧の日々を送る予定です。~
 とりあえず、ラブランのモンラムあたりから攻めていこうと思ってます。~
 カイラスも行っちゃいます!楽しみー!~
 私はただのチベット好きで、学問的なことはわかりませんが、時々覗かせて頂きます。~
 ちなみに行政機関・官職リストのrtsam len las khungs(ツァンパ管理局)がチベット的で笑えました。日本には絶対無い機関です(笑)~
 
 //
 -佐野さん,チベットおたくラボへようこそ!あれから何年も経ってしまいましたねえ。お元気そうで何よりです。来年からはチベット三昧の日々ですか〜。楽しみですね。おたくな情報のご報告,お待ちしていますよ。今後もよろしく。 -- [[chime]] &new{2004-10-07 (木) 15:10:26};
 
 
 
 **死体の物語 [#nf14d280]
 >[[nyima]] (2004-09-02 (木) 22:48:52)~
 ~
 はじめまして。nyimaです。この物語って最近一部で話題の「金玉鳳凰」と関係があるのでしょうか。~
 
 //
 -nyimaさん,おたくラボへようこそ!金玉鳳凰,三カ国合同でアニメを作るんだそうですね。題材はチベットに伝わる民話で,日本語にも訳されている「チベットのものいう鳥」だとか。この話は,nyimaさんのおっしゃるように死体の物語と枠組みが同じで,関係大ありだと思います。インド伝来の「屍鬼の語る物語」が,中身は完全にチベットの民話になってしまったのがここのサイトでも紹介をはじめた[[死体の物語>ro sgrung]]で,さらに「屍鬼」が「鳳凰」になったのが「金玉鳳凰」ということかなあと思っています。「鳳凰」は四川省のガバ・チベット族自治州で採集された物語だそうですよ。(長くなり失礼しました) -- [[chime]] &new{2004-09-03 (金) 08:02:21};
 -「チベットのものいう鳥」(岩波書店)に訳された物語の種本は『金玉鳳凰』のなかの「班竹姑娘」の話だそうですが、チベットで流伝しているro sgrungを「少年児童のために加工整理」(『金玉鳳凰』 p3より)したものがこの『金玉鳳凰』本です。『金玉鳳凰(二)』の後記(芻燕氏文:p296)に田海燕氏が整理者ではなく、編著者になっているのはro sgrungの内容を少年児童のために書き直したためであるとなっています。 『金玉鳳凰』は種々の版本あります。[[ro sgrung notes]]を見てください。 -- [[ichhan]] &new{2004-09-05 (日) 10:26:08};
 
 **やった書き込めた! [#uff3dd03]
 >[[I. I.]] (2004-08-13 (金) 12:30:01)~
 ~
 東京の古代チベット研究者のI. I. です。~
 最初期型i-Mac を購入してから、IEもネットスケープもヴァージョンアップせずに、特異なAOLだけでネット生活をしておりました。~
 管理人さんたちの御助言によりIEを4.5から5.1にして書き込めるようになりました。~
 ~
 しかしもうすでにかなり発達したLab になってますね。~
 こりゃすべてに目を通すのも大変なぐらい。~
 驚嘆しました。~
 
 //
 -歓迎 I.I.さま,よかった,書き込めましたか〜。これからもよろしく! -- [[chime]] &new{2004-08-13 (金) 12:39:30};
 -ちなみにお名前の隣の?をクリックすると,自分のスペースが作れますので,自己紹介など記入してみてくださいね。 -- [[chime]] &new{2004-08-13 (金) 12:52:27};
 -I.I.さま、お久しぶり。じゃなくて、はじめまして。この場でたびたびお会いできると、うれしいです。 -- [[dekipema]] &new{2004-08-13 (金) 22:11:51};
 
 **いい感じですね。 [#daa2f7bd]
 >ながさき (2004-07-07 (水) 11:38:26)~
 ~
 きれいなサイトですね。色々勉強になります。これからも~
 よろしくお願いいたします。~
 
 //
 -ながさきさん,いつもサポートしていただきありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。 -- [[chime]] &new{2004-07-07 (水) 11:42:59};
 
 
 **この五月、還暦となりました [#o9800dbc]
 >ikezo (2004-06-21 (月) 12:12:26)~
 ~
 覚えていらっしゃいますか、星先生の弟子を公言していますが、チベット語はまるで進歩していません。~
 年金も【未納族】でいくらも貰えそうもないのであと1〜2年仕事をして、後はチベットだろうと、南極だろうが存分に遊びまわるつもりです。~
 ~
 とても面白そうなページなのでしっかりお気に入りに入れました。毎日のぞきにきます。~
 Google の検索でひっからないよう名前を変えました、幽霊になれますように。 2005.10.26 
 ~
 //
 -小関さん,お久しぶりです。還暦おめでとうございます。~
 「面白そうなページ」と言っていただいて嬉しいです!  書き込んでいる我々もわくわく楽しみながらやっています。そういうのが伝わる共同作業場になればいいなあなどと思っています。 -- [[chime]] &new{2004-06-21 (月) 12:34:09};
 

リロード   新規 編集 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.