[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 ichhan 〜

MembersPage > ichhan

鷺坂健一です。日本版ヒッピーがまだかろうじて生きていた頃チベットにあこがれました。チベット語は耳学問ですが、その耳もいまは錆びついてしまいました。十年ほど前チベット語の綴りに興味をもち、『中国少数民族語言簡志叢書』や『世界言語学大辞典』などをかたっぱしから読むうちに日本語とチベット語の同源性にピンときました。それで今はそれを証明するための前段として「日本語の起源」の更新にはげんでいます。「チベット関係図書目録」が役立てば幸いです。

*blon chenの訳「首相」が気になって・・・

行政機関・官職のリストの項を見るとblon chen職の上下にsrid skyongとbka' blonがあり、それぞれ摂政、大臣の訳があてられています。またblon chenには「宰相」「副摂政」「西蔵王」の訳もみられますが、このblon chenの日本語訳が「首相」で適当であるか気になったので、中国書を少し調べてみました。

bka' blon 

チベット語【蔵漢】【畢達克】【WANG1991】【拉薩口語】
bka' blonga倫。《清実録》訳はga隆ga倫:全称ga貢倫(bka'i gung blon),大臣ga倫:またzhabs pad(協貝)、sa dbang(薩旺)ともga倫:またzhal pad(協擺)。主管官員。多くは大貴族から
bka' blon khri pa首席ga倫#ga倫赤巴ga倫赤巴:首席ga倫、またbka' blon bla ma(ga倫喇嘛)とも首席ga倫(僧官ga倫より)
bka' blon bla maga倫喇嘛ga倫喇嘛:すなわちga倫赤巴(首席ga倫)
bka' blon las 'pharga倫莱pan(目篇に分)。協理ga倫。#助理ga倫
bka' blon las tshabga倫莱察
bka' dbang=blon po 大臣
bka' tshab=bka' blon gyi las tshab 代理ga倫ga察:全称ga倫莱察(bka' blon las tshab);代理ga倫ga曹:代理ga倫ga曹:すなわち代理ga倫
bka' zur卸任大臣(zur paの項より)#ga索ga蘇:御任ga倫
bka'i gung blon(ga倫の項より)ga貢倫。#ga厦公倫
gung(古代中国の)公爵の「公」gung:公爵
rgyal po=sa skyong 皇帝,国王,君主,土司国王,王,君主,皇帝
rgyal tshab摂政王,幼王#摂政王傑曹:摂政,すなわちsrid skyong(司炯)賈曹:代理蔵王,すなわち摂政王。親政時、達頼ダライ・ラマの職務を代行
mdun na 'don国師,大臣,輔弼頓那東:ga倫の書面称号。#国師、大臣
sde pa酋長,部落主,第巴。古代統治の一地区の首領#第巴〔一個地区の〕首脳,管理者,頭人
sde srid地方行政官。第司、第悉、第斯(音訳)。第巴に同じ#第悉
blon chen宰輔大臣倫欽宰相,丞相,大臣,首相
blon po=mdun na 'don。大臣,宰相,宰輔。古漢語訳で”論”大臣,臣子,丞相
blon zur=blon po zur pa 卸任大臣,退職大臣
zhabs pad足蓮。夏卜拜。ga倫の敬称夏卜拜:ga倫の敬称。#足蓮協貝:ga倫の敬語協擺(ga倫の尊称)
sa dbang国王,大臣,土地人民的統治者。ga倫の敬称薩旺:ga倫の普通称号薩旺:ga倫の敬語,またsa dbang chen mo(薩旺欽莫)とも
sa dbang chen mo(薩旺の項から)薩旺欽莫薩旺欽莫:ga倫の一種の敬称。”大地主”の直訳で、旧時代の”人王地主”
srid skyong執政,摂政。首席官員司炯:摂政執政,摂政
srid blon司倫。非常時の官職で、その地位はga倫より高い司倫:国家之大臣司倫(非常時の官職)司倫(また倫欽とも)。位はga倫の上だが、実権はga倫に
srid tshab司曹:代理司倫摂政(代理司倫)
srid zur司蘇:御任司倫御任司倫


 注1:【畢達克】の「名録」(p302-310)のなかに「四、首相」の項があり、倫欽(blon chen)三名と司倫(srid blon)三名の名前があがっています。この項に「首相」とあるのは原著(【PETECH】:未見)の「prime minister」を「首相」と訳したためではないでしょうか。
 注2:『文化』(p419-421)の「ga厦政府職官名述語表」にも職官名があがっていましたが、【畢達克】の官職名とまったくといってよいほどよく似ているので、これは【畢達克】からのパクリでしょう。

引用書
【畢達克】:『1728-1959 西蔵貴族和政府』(【PETECH】の中文訳)のなかの「職官名称述語表」(p311-316)。#印は「蔵文名詞索引」(同書p352-422)より
【WANG1991】:『蔵族人名研究』(「西藏常見旧官xian、官職、小吏及僧職、学位名称訳写対照表」(p237-254))
【蔵漢】:『蔵漢大辞典』
【拉薩口語】:『蔵漢対照拉薩口語詞典』
『組織』:『中國共産黨西藏自治區組織史資料1950-1987』)Link
『文化』:『西蔵歴史文化辞典』Link
【PETECH】:『Aristocracy and Government in Tibet 1728-1959』

ところで日本語で首相といえば総理と同じ意味(Link)であり、また「総理」は(内閣)総理大臣の略で、その総理大臣は「内閣の首班としての国務大臣」という意味(某国語辞典より)だそうです。また中国語の「首相」は「總理」と同じ意味で、その「總理」は日本語と同じく「すべてを主宰する、またその人」の意味で、「国務總理」は「わが国の内閣総理大臣にあたる」とあり(中国語訳は某中日辞典)、日本語・中国語ともに「首相」の意味は「総理大臣」と考えてよいでしょう。そしてこれらの記述から「首相」(=総理大臣)は内閣の一員であり、その内閣のなかでのトップをさしているといえるでしょう。つまりこの定義に従えば「首相」は旧チベットの役職名bka' blon khri pa(首席大臣:主席大臣より良いのではないでしょうか)の訳にあてるほうが適切ではないでしょうか。 さてbka' blon(大臣)のトップであるbka' blon khri pa(首席大臣)にせよ、すべてのbka' blonはbka' shag(内閣)の一員で、またsrid skyong(摂政)は官位が二品であることからも知られるようにダライ・ラマを除けば最高権力をもつ者でしょう。しかしblon chenは内閣には属さず、「副摂政」の訳もみられるところから内閣よりは上級であり、また常時設けられる役職でもないようです。そこでこのような「内閣には属さず、内閣以上で常設職ではない」という職能から日本の過去の組織にこのような役職がないかと考えると、江戸幕府の役職「大老」がそれにあたるのではないかと思われます(Link)。つまりblon chenを「大老」と訳すると、「天皇」→「将軍」→「大老」→「老中」という江戸時代の職名と旧チベットの「ダライ・ラマ」→srid skyong→blon chen→bka' blonという職名とよくあうのではないでしょうか。ただここで少々問題になるのはblon chenに「大老」という訳を使うと、bka' blonやsrid skyongを「大臣」「摂政」ではなく、「老中」「将軍」とするべきで、またそれと同時に他のすべての旧チベットの役職名を江戸時代の役職名に対照させねばなりません。そうなると「老中」や「評定所」など今の我々にとってはピンとこない職名だらけになり何のために訳語をつけるのかという本質的な問題が起こってきます。そういうことを考えると、やはりここはsrid skyong(摂政)→blon chen(?)→bka' blon(大臣)といった現代訳が適切だろうと思いますが。 そこで先ほどの疑問になりますが、bka' blon khri paを「首席大臣」と訳し、疑問符をつけたblon chen職を「首相」と訳すのが適切でしょうか(それとも「宰相」、「副摂政」あたりがよいのでしょうか)。一度考えて見てください。

追補
srid tshab(司曹)を「代理摂政」と書いてある、ちょっと珍しい(?)記述を見つけたので、以下引用しておきます(『組織』 p309-310)。

1951年5月至1959年3月任ga厦的主要官員有:
司曹(代理摂政)   本珠侖・洛桑扎西(蔵族))
             魯康娃・オ旺繞登(蔵族)
首席ga倫       然巴・土登貢欽(蔵族)
ga倫          索康・旺清格勒(蔵族)
             ga喀・彭措繞傑(蔵族)
              *ga(乃に小)は「朶」字の誤植と思われる。またduo(几に木)とも。
             拉魯・次旺多吉(蔵族)
             阿沛・阿旺晋美(蔵族)

代理ga倫       宇妥・扎西頓珠(蔵族)
             扎西林巴・欽繞旺秋(蔵族)
             ga章・洛桑日増(蔵族)
             桑頗・オ旺仁増(蔵族)
             土登繞央(蔵族)
ga倫助理       先喀・居美多吉(夏蘇)(蔵族)
             柳霞・土登塔巴(蔵族)


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.