[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 shod drung 〜

[shod drung]

名称 

  1. チベット語
    1. shod drung
    2. shod skor
  2. 発音
    1. シュードゥン
    2. シューコル
  3. 日本語訳
    1. 俗官
  4. 英訳
    1. lay official
  5. 中国語訳

歴史 

定員 

  • 175名。しかし政府の活動拡大に伴い徐々に増加し、一説によると1950年代で283名【GOL:6】

資格 

  • 出仕基盤荘園(zhabs rten pha gzhis)を持つ150から200の世襲貴族(estate-holding,hereditary,lay aristocracy)の子弟【GOL:6】
  • ラサの私塾、あるいは家庭教師により、チベット文字の様々な書体や簡単な計算などを身につけていること【GOL:7】

選出方法、任免者 

  • 【GOL:7,10】による
    • 14歳くらいで財務局に実習生として入局し、分数や数取算(参照チベットの学校教育)をマスターした者の中で、新たな任官者候補として3名から4名を選出
    • 年に3回、最終候補者がダライラマか摂政に習字を直接提出
    • ダライラマか摂政が2名を選出
    • 最終の決定はダライラマか摂政が行うが、実際には候補者名簿にだれを載せるか決める財務局と内閣が任命をコントロール

官位 

  • 三品から?四品から?

その他 

  • 出仕基盤荘園を持つ貴族が子弟を出仕させないなどの場合、政府により荘園を没収される【GOL:6】出仕できる子弟がいないケースを含む
  • 俗官を管理するのは財務局と内閣【GOL:7】
  • 任命後の出世は名目上、能力による【GOL:10】
  • 業務不履行や規則違反に対しては懲罰が行われる【GOL:10】
  • 荘園を失うことを恐れて、多くが保守的になりがち【GOL:18】

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.