[starLab] [starLab] [aa]
 

〜 so nam las khungs 〜

[so nam las khungs]

名称 

  1. チベット語
    1. so nam las khugns
    2. mi so las khungs(「mi rtsa領主所有の属民」と「so nam農務」から)
  2. 発音
    1. ソナム・レークン
    2. ミソ・レークン
  3. 日本語訳
    1. 農務局
  4. 英訳
  5. 中国語訳
    • 農務局【蔵漢:2955】

歴史 

  • 1907年、駐蔵幇辦大臣張蔭棠がスィーキョンのロサン・ギェンツェン、内閣と協議し、チベットの政治と宗教発展のために9つの役所(slob gso,sbyong brtar,so tshong,'brel gtugs,lam bzo nags las,so nam,bde srung,dngul khang,ja tshwa)新設を決定するが、当時ダライラマ13世亡命中のため、正式な発足ができなかった【CHMO(13):56】
  • 1913年、発足【CHMO(13):56】

所掌業務 

  • 【CHMO(13):57-58】による
    • 貴族、寺院、政府が所有していない空き地で、関係する地元民が開墾したところに受取書を発行(開墾者は3年間地代がかからず、その後土地のよしあしに応じて1/10を納付する限り、所有権が認められる)
    • 家畜放牧に支障がない範囲で、山野に植林する
    • 街道、街路、建物のまわりにポプラ(?sbyar pa)や柳(?lcang ma)を植え、関係者に引きつぐ。年毎の種の高低(?mtho dma')は農務局と、各ゾンや荘園が続けて確認する
  • 【DUNG DKAR02:2062-63】による
    • 各地のゾンや荘園内の空き地を管理。開墾者に許可証を発行し、[収穫量の]1/10を借地代として徴収
    • 貴族・寺院荘園でないマルカム(rmar khams)、ゾガン(mdzo sgang)、サゲン(sa ngan) の3地区から出て[他の]地域に定着している荘園の属民(mi rtsa)を農務局の属民とし、人頭税(mi bogs)を徴収。タムカ銀貨でポタラ宮rnam sras gan mdzodに保管
    • 市街地に建物を建て、家賃をとる
  • 【蔵漢:2406】による
    • 空地開墾、人頭税徴収

構成メンバーと人数および業務 

  • 【CHMO(13):57】による
    • 四品僧官・俗官の総責任者各1名-五品の僧俗補佐官各1名
    • 書記2名
  • 【DUNG DKAR02:2062】による
    • 四品・五品の僧俗責任者4名
    • 職員の書記2名

設置場所 

  • パーコー南、ガルシャー(sga ru shar)【DUNG DKAR02:2062】

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2004 Hoshi Izumi. All rights reserved.